エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

ヘアケア 美容

髪のベタベタ、かゆみなど正しいシャンプーの方法とは?

投稿日:2017年9月25日 更新日:

シャンプーは、洗えれば何でもいいと思って安物ばかり使っていました。
ところが、髪の毛があまりにもパサパサになってきたので、これではいけないと
ようやく安物ではなく、ちょっとは高めでいいものを使うようになってきました。
パサパサすることはなくなりましたが、今度はベタベタしてきたような感じになって。
髪にいいと思われるものを買ってもこれではどうしようもありません。

ラジオを聴いていたら、シャンプーの方法について話していました。
髪にいいといわれるシャンプーも実は人によっては、よくないことがあるそうです。
毛髪診断士の本山典子さんによるお話でした。
まずはシャンプーの選び方です。

<スポンサーリンク>



シャンプーの選び方

シャンプーは体質にあったものを選ぶ。

髪質ではなく、体質にあったものということです。

どういうことかというと、例えば頭皮にやさしいといわれている天然由来のシャンプーってありますよね。
そういうものでも、アレルギーを引き起こすものもあるし、自然派や髪にやさしいといっても、かゆみやフケの原因になる場合があるんだそうです。

まず髪を洗うというよりも、頭皮のスキンケアだということを意識することが大切なんだそうです。

家族みんな同じシャンプーを使っているという方は、見直しましょう。

人それぞれ体質が異なるわけですから自分にあったものを使うようにしましょう。

 

シリコン、ノンシリコンどっちがいいの?

シリコンというのは、簡単に言うと髪の毛をカバーしてくれる洋服のようなもので、
髪の毛をなめらかにしてくれます。

シリコンのデメリット ⇒ 頭皮にフタをしてしまう

ノンシリコンのデメリット ⇒ キシキシしてしまって、逆にそれがかゆみにつながることがある

ノンシリコンが合う人は、頭皮のケアをしたい、ベタベタと脂っぽいという人

髪の毛が傷んでいる人は、シリコンのものを毛先に使って、すすぎをきっちりしましょう。

 

正しいシャンプーの方法

シャンプーは、1日1回。2度洗いがオススメ。

間違った常識として、毎日洗うと油分をとりすぎるとか、髪が傷むと思われるかもしれませんがそれは誤った考え方。大切なのは洗い方。

頭皮は脂がすごく出ます。なんと顔の倍以上出るそうです。
落とすものは落とさないといけません。
昔は洗浄成分がきついものが多くて肌のトラブルが多かったそうですが、今は、安全性の高いものなのでトラブルも少なくなっています。

シャンプーは、必ず夜行う!

髪の毛は何時に生えるかご存知ですか?
毛穴からニョキニョキっと生えるのは、午前3時~9時にかけて伸びるんです。
ということは、朝シャンする時間は、ちょうど髪の毛が伸びる時間帯。
髪の毛が生えてくるときは毛穴が開いてたるんでいるんです。そこにシャンプーの成分が入り込んでしまうと、抜け毛が増える原因になってしまいます。
これはヤバイですよね。
ですから、朝シャンではなく、夜洗うようにしましょう。

シャンプーの仕方

まず最初に頭皮の汚れをもみだすように洗います
そして、すすぎをしっかりします。

洗うよりもすすぎが重要。シャンプーが2分なら、すすぎは4分くらいという洗った時間の倍をすすぎましょう。

 

シャンプーの仕方 2度洗いのポイント

<1回目>

汚れをうかす。
頭皮をしっかりゆるめます。
汚れをしっかり落とすための準備です。

<2回目>

もみ出して汚れを落とし切ります。シャンプーの量は少なめで大丈夫。
髪ではなく、頭皮をマッサージしながら洗いましょう。
*ニオイが気になる方はブラッシングをしましょう。

シャンプーをする前に、ちゃんとブラッシングをしましょう。
汚れがとれやすくなる状況を作ってあげます。

 

髪のベタベタ(べたつき)が気になる方のシャンプー

脂分が多い方は、スースーするシャンプーや脂分をたくさんとりますと書かれたものは避けましょう。

肌は、正直なのでとられたと思ったら出そう出そうとします。守ろうとするんです。
顔と同じでスキンケアと思いましょう。

・シャンプーを少なくしてすすぎをしっかりします。
・シャンプー剤を一旦やめるのも一つの方法
お湯だけで洗うことを2~3日続けると、自分の体が頑張ろうとなってくれます。

シャンプー後のケア トリートメントの仕方

トリートメントは、温めて使いましょう。
あたためると、浸透しやすくなります。
ポンプから出していきなり使うのではなく、両手で温めて、髪につけた時もあたためて両手で包み込むような形で丁寧につけましょう。

リンス、トリートメント、コンディショナーの違い

リンス ⇒ コーティングするもの
トリートメント、コンディショナー ⇒ 毛先の中に修復成分があって中に入れてコーティングします。
温めるようにつけたら少しおいておきましょう。
このときに、絶対頭皮にはつけてはダメ

せっかくきれいに洗ったの頭皮にフタをしてしまいます。フケかゆみの原因になります。

<スポンサーリンク>



髪のベタベタ、かゆみなど正しいシャンプーの方法とは?いかがでしたか。
頭皮のスキンケアということでやってみると今までとは違ったシャンプーの仕方になりますよね。
2度洗いですすぎが大切。髪が元気になるようなシャンプーをしましょう。

-ヘアケア, 美容
-, ,

執筆者:


  1. […] 髪のベタベタ、かゆみなど正しいシャンプーの方法とは? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乾燥肌によるかゆみの原因と対策!

特に空気が乾燥する冬は、肌がカサカサになり、かゆみが出ます。 年齢を経るにつれ出てきたように思いますが、ひどいときは粉がふいていたり。 実際に肌の水分量や皮脂量は、年齢とともに減少しているんです。 だ …

鼻の下を短くすることで、老け顔が若くなる!その方法とは?

久しぶりに会った親戚のおばちゃん。 数年ぶりだったこともあり、だいぶん老けたなぁと思いました。 年をとっているから当たり前なのですが、ちょっと老けすぎ。シワがあるからとかそういうことではなく、どうして …

アンチエイジング お金をかけずに簡単にできる美容法とは?

アンチエイジングって専用のクリームや美容液など使いだしたらきりがないですよね。 そういったお金を使わないで、アンチエイジングできる美容法があるんです。 それはツボ。 面倒くさいって思われるかもしれませ …

髪のツヤ、ハリがない原因と美髪ケア シャンプー、ドライヤーの方法

年齢とともに髪の毛のツヤやハリはなくなるし、 まっすぐだった髪がうねったりして、 年を重ねるとこうも変わってくるのかと思っていました。 そうしたら、年齢だけではないようです。 ためしてガッテンで、髪の …

紫外線対策は、春からじゃなく一年中しないとダメ。

  紫外線対策って、春からで大丈夫と思っていたら大間違い。 夏じゃないからそんなに日焼けしないとか、朝のうちは大丈夫と思って ちょっと無防備になっていることありませんか。 実は、それってとっ …