エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

最近の侵入窃盗事情ご存知ですか?万全な防犯対策はコレ!

投稿日:

外出先から帰ってきたら窓のカギが開いていて、アレっということがたまにあります。
泥棒に入られたことはありませんが、何もなくて良かったです。

泥棒が家に入るには、カギをこじあけたり、窓ガラスを割ったりして入るものだと思っていたのですが、実際はカギのかけ忘れでそのまま入られているという場合が多いんだそうです。

それって、こちらのうっかりによってやられているんですよね。

警視庁の生活安全課の方がラジオで防犯事情について話されていました。

 

東京都内でおきている侵入窃盗の実態

侵入窃盗そのものは、年々減少しているそうですが、
2016年の被害総額は、なんと21億円。
この数字は、会社や事務所、個人宅などすべて含めた金額です。

被害が一番多いのは

「一戸建て住宅、マンションやアパートなどの共同住宅」

侵入窃盗全体の54.8%を占めています。半分以上ですね。

コンビニなどのお店が多いのかと思っていましたが、そうではなくて普通の家が泥棒に入られているんです。

侵入手口は?

出典:住まいる防犯110番

①空き巣
家の人の留守を狙って侵入して窃盗

②忍び込み
家の人が寝静まった夜間に侵入して窃盗

③居空き
家の人が在宅していて、昼寝や食事などをしている時に侵入する
家にいる時は、絶対大丈夫という安心感がありますが、そこをついてくるんです

侵入方法は?

1位 無締まり
つまり、カギをかけ忘れて窓や玄関ドアからの侵入
被害の半数以上を占めています

2位 ガラスを割ったり、こじあけて入る
高層階に住んでいるから侵入されないという事はありません。
例えば、・配管をつたってベランダの窓から侵入する
・マンションの駐輪場の屋根にのぼって侵入するという場合もあります

特に注意!

マンションでオートロックの場合、カギをかけない人がいます。
オートロックは居住者の後についていく方法で、簡単に入ることができます。
玄関のカギは必ずかけましょう。

 

泥棒が侵入をあきらめる時間があります。

それは、5分以上かかる時

実際に侵入窃盗の犯人を対象に行った調査の結果、最も多かったのが5分以上でした。

この5分を耐える基準に作られた防犯機能の高い建物部品が「CP部品

CP部品とは
防犯(Crime Prevention)の頭文字。
認められた商品にはCPマークがついています。


玄関ドア、カギ、シャッター、サッシ、あわせガラス(強化ガラス)などがあります。

新築するならCP部品を活用しましょう。
後付けでもできます。

 

泥棒に侵入されない防犯対策

CP部品を使わなくても出来ること

  • 玄関ドアにカギを2つ取り付ける
  • 窓には、ロック付きのクレセント錠の他に補助錠も有効
    *補助錠とは主錠以外に、防犯上の目的で補助的につける錠前のこと
  • 一戸建ての家の場合、歩くと音が出るようにジャリを庭に敷く
  • 死角となる場所にセンサーライトをつける

泥棒に狙われない日頃からの心構え

  • 戸締りはもちろん、合いかぎなどを玄関の周辺に置かない
  • 新聞はためない 溜めてあると泥棒に留守ですよって言っているようなものです
  • ご近所であいさつをする。犯罪が起こりにくい町にする

 

我が家の防犯診断

こちらでは、泥棒の目で自分の家を見ることができます。

自分の家の防犯度をチェックしてみましょう。

我が家の防犯診断 ⇒ https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki26/theme_c/index.html

一戸建て、マンションなどの共同住宅どちらでも防犯診断ができます。

 

最近の防犯事情をご存知ですか?万全な空き巣対策はコレ!いかがでしたか?

玄関ドアの二重カギやCP部品を使っていなければ、活用した方がいいですよね。

ゴミ捨てや、近所だからとか、上の階だから大丈夫ということでカギをかけていなかった方は、ちゃんとカギをかけましょう。
防犯対策のCP部品を使ったとしても、カギをかけていなかったらどうしようもありません。

-コラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

網戸の張替え方法。1人でも簡単に出来る!

何年も取り替えていない網戸は、知らず知らずのうちに 切れたり破れたりしています。 一つ破れがひどくなっていたので、家中の網戸をチェックしてみたら 破れていたり、切れているものが全部で5枚。 いざ張り替 …

親の免許返納 説得するにはどうしたらいいの?

遠方に暮らす両親も高齢者となりました。 高齢者ドライバーによる交通事故は、他人事ではありません。 かといって、車がないと普段の買い物や病院など生活も大変になるわけで。 今では、免許証の返納で特典もある …

電力自由化から1年。5月の電気料金値上げで電力会社かえ時は今!

大手10社の電力会社は2017年5月から大幅値上げされることになりました。 一ヶ月の電力使用量が260キロワットの家庭の場合、100円を超える値上げになります。 そもそも電気料金ってどういう内訳になっ …

殻付きウニのさばき方 殻からウニを取り出す方法

春ウニで有名な北海道日高地方。 様似町のとある直売所で殻付きウニが販売されていました。 お店でウニ丼を食べるよりも、殻付きウニを買った方が 金額的には断然お得。 サイズはバラバラですが、1キロ購入した …

火災保険と地震保険の違いとは?自分に合った保険の選び方

賃貸に住んでいると火災保険って不動産屋の言われるままでしたが、 持ち家ともなると、やっぱり入った方が安心ですよね。 そもそも地震で起きた火災だったら、火災保険に入っていれば大丈夫と思っていたら 実際は …