エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

墓じまいをするには、どうしたらいいの?その手順とは?

投稿日:

お彼岸やお盆、正月など子供のころは必ず親につれられてお墓参りをしたものです。
それが、実家を離れて仕事をするようになるとだんだんと墓参りをすることもなくなってきました。

こういったことってどこの家でも起こっていいます。
核家族化が増えて、田舎では過疎化となりお墓を引き継ぐ人がいなくなってきているのが現状です。
実際に引き継ぐ人がいないお墓は、お墓を管理するお寺や自治体によって処分されています。
平成25年では、約一万人分のお墓が無縁墓になっています。

そうならないために、先祖のお墓についてちょっと考えておくのも大切です。
それが墓じまい。

墓じまいとは?

管理できなくなったお墓をしめることです。
このときに、お墓の墓石をどこかに移動するということが大事ではなくて
中に入っている遺骨をどこに持っていくかが重要です。

墓じまい 改葬とは

改葬は、既存のお墓に入っている遺骨を他のお墓に移して供養すること。

①建て替え
②引っ越し
③墓じまい

 

①建て替えとは
田舎の古いお墓を処分して、遺骨を改装して新しく建て替えること

 

②引っ越しとは
お墓を建ててから比較的新しいお墓であれば、土地だけを確保して、お墓そのものを引っ越すこと
建て替えよりは費用が抑えられます。

 

③墓じまいとは
今あるお墓を解体、処分するところまでは建て替えと同じですが
新たにお墓を建てずに遺骨を永代供養墓や合祀墓に移動すること。

先祖のお墓を無縁にしないで、次の世代に負担や迷惑をかけずにすみます。

 

墓じまいをするための手順

墓じまいをするにしても、どうしていいのかわかりませんよね。

①まず最初に相談をする

親戚やお墓のあるお寺に墓じまいについて相談しましょう。

その時に、檀家をやめるのであればそれまでお世話になった意味で離檀料を支払います。
相場はお礼なのでありません。気持ちです。

とはいっても、いくらくらい払うのか知りたいですよね。
お墓コンサルタントの吉川美津子氏によると、
法事などでお布施として包む3~5万円の3~4倍が適当だそうです。

②相談と同時に遺骨の行き先を考える

お寺の中にある永代供養墓や合葬墓に移動するのもひとつの選択肢です。

墓石の処分、遺骨の取り出し、墓石の運搬など費用はどれくらいかかるのでしょうか。
墓じまいとしてとじるなら、工事の関係で異なりますがだいたい20万円くらい。

 

お墓の処分のされ方

お墓は、賃貸マンションのように年間の管理料を支払っています。
管理料を支払っていることで、お寺や自治体が管理してくれるのです。

この管理料を支払わずに数年間たってしまうと、処分されることになります。
お墓の処分のされ方といっても、いきなり壊されたりするのではありません。

放置されてしまったお墓が処分されるまで

お墓を管理するお寺や自治体がお墓を撤去する一年以上前に墓地に連絡要請の立札を立てます。
埋葬している人の名前などを官報に載せて告知することになっています。

告知しただけではなく、連絡をつけようと戸籍や住民票をあたりながら家族や親族を探します。

それでも連絡がつかない場合は、処分となります。

処分というのは、管理者が遺骨を取り出して管理します。つまり無縁仏となったので合祀墓です。
合祀墓は、複数の遺骨を同じお墓で葬ることです。

その後、家族と連絡がとれた場合

もう一度、新規でお墓を作ることは出来ません。
合祀墓に入ってしまったら、もう取り出せません。

 

そもそもお墓って何でしょうか?

「墓じまいのススメ」八代勝彦著によると

・尊厳性 御先祖を敬う
・永続性 代々引き継いでいく
・固定制 その地域に根付く

これらの3つの特性がお墓にはあります。

尊厳性がなくなってきたのは・・・
先祖代々のお墓といいつつ、実際は顔を知っている祖父母のお墓がほとんどです。

その前の曾祖父母までを祀っているお墓というのは、あまり知らないんではないでしょうか。うちでいえば、親の実家のお墓になります。

 

永続性がなくなってきたのは・・・

永続性を守るのは、子孫が守っていけるかということです。
現在は少子化が進んでいるため、跡継ぎが減少。未婚者、離婚者も多くなってきています。
代々お墓を守っていくという永続性はなくなりつつあります。

 

固定制がなくなってきたのは・・・

ずいぶん昔、お墓は地域と密着していました。地域に住む人も生まれてから死ぬまで同じ場所で暮らしてきました。
それが経済発展とともに、お墓は地域に残されたまま人々が移動しはじめました。
親は居続けていても子供は出て行ってしまうので固定制はなくなってしまいます。

こういうことで、田舎のお墓は無縁化寸前になりつつあります。

 
墓じまいをするには、どうしたらいいの?その手順とは?いかがでしたか。
先祖代々のお墓は大切にしたくても、事情があって行けないとか離れているから難しいってあると思います。
先祖を無縁仏にしないためにも墓じまいは考える必要があります。

-コラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

きゅうりの育て方 初心者でも簡単!プランター栽培のコツも。

シャキシャキしたきゅうり、とても美味しいですよね。 特に、暑くなってくるこれからの季節は、食欲がなくてもきゅうりは美味しくたべられます。 きゅうりも鮮度がいのち。 自分でつくって食べると、シャキシャキ …

伊勢神宮 女ひとり旅 大阪からのお得な切符と周り方

人生に一度は行ってみたい『お伊勢さん』。 やっと行く機会に恵まれ、行ってきました。 観光客やカップルなどたくさん訪れていましたが 1人で来ている方も結構みかけましたし、 私自身、とっても楽しく周れまし …

野菜の保存方法と保存に最適な温度は?

  野菜を購入したら、とりあえず冷蔵庫に入れるってことが当たり前になっていると思います。 ところが、野菜にとって最適な温度というのがあるんです。 冷蔵庫に入れたら安心ではないんです。 それぞ …

お薬手帳で薬代が安くなる、お薬手帳の上手な活用法とは?

病院に行ったら、処方箋をもらって薬局に行くというのは、普通の流れです。 かかりつけの薬局がない場合は、 風邪を引いたら内科の病院に行き、その病院の近くにある薬局へ行きます。 皮膚科に行ったら、病院の近 …

マスクは正しくつけないと効果なし!マスクの効果的な使い方とは?

マスクって使っていても、ほんとに効果があるのって思うときがあります。 インフルエンザや風邪が流行しているとマスクをつけますが、気休めのような気もしていてウィルスはマスクを通してしまうのでは?って思って …