エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム レジャー

北海道でトレッキングするなら旧狩勝線跡。アクセスや見どころは?

投稿日:

晴天が続いた5月。トレッキングしてきました。
旧狩勝線。線路跡です。
狩勝線は、約100年前、明治40年(西暦1907年)に開通し、昭和41年10月に廃止。60年の歴史に幕を閉じました。
歩いていると、100年前にタイムスリップしたような雰囲気が味わえます。
道路は整備されているし、とても歩きやすいです。
野鳥も多く、鳴き声がとても賑やかでした。

<スポンサーリンク>



北海道でトレッキングするなら旧狩勝線 線路跡

旧狩勝線跡へのアクセス

引用:北海道ファンマガジンHP

 

<駐車場>

狩勝高原エコトロッコ鉄道のところにも駐車場がありますが、
そこから歩くと距離が長くなるので、もっと先に車を走らせます。
そうすると、サホロカントリークラブが見えてきます。

カントリークラブの駐車場のすぐ近くに太陽光パネルがあります。
太陽光パネルの下の駐車場に車を停めて、トレッキングスタート。

旧狩勝線跡のトレッキング 見どころ

平坦な道なので、山道を歩いているという風ではなく
森の中を歩いているといった感じ。

木々が茂っているので、とても気持ちがいいです。


こういった看板があるので、道に迷うことはないです。
ただ、森の中なので熊よけの鈴はつけましょう。

旧狩勝線 大カーブ

2キロくらい歩いたところで大カーブに差し掛かります。


この大カーブ、半径180メートルほどあるそうです。

しばらく進むと、トンネルが見えてきました。

旧狩勝線 新内隧道(トンネル)

 

トンネルの中へは入れないので、のぞいてみました。

すると、緑色をした光ったものが見えます。
これは自生しているヒカリゴケ

 
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、
エメラルドグリーンに輝いてとても美しい。

このヒカリゴケは平成26年時点、準絶滅危惧種に指定されています。
先へ進むと、絶景ポイント


遠くの山々がとても美しいです。

目の前には、狩勝山が見えてきました。

 
道路沿いというのか旧狩勝線の線路沿いには、当時の電柱がそのまま。
タイムスリップしたような感覚を味わえます。

旧狩勝線 狩勝隧道(トンネル)


ここがゴール。行き止まり。

 

絶景ポイントでランチ。おにぎりを食べました。
とても気持ちがいいところでした。

 

旧狩勝線跡のトレッキング 歩行距離と時間

歩行距離は、14キロ程度。
時間にして3時間でした。
狩勝隧道トンネル地点が、標高524m。
出発地点が344mなので、180mくらい。
トレッキングするにはきつくないコースでした。

ちなみにこちらの旧狩勝線は、狩勝トレイルランニングが
毎年5月に開催されています。

<スポンサーリンク>




北海道でトレッキングするなら旧狩勝線跡。アクセスは?いかがでしたか。
整備されている道なので、気軽に簡単に行くことができます。
これからトレッキングするには、とてもいい季節です。

 

<関連記事>

北海道 ガーデン おすすめはコレ!家族でも楽しめる超穴場です。

-コラム, レジャー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

墓じまいをするには、どうしたらいいの?その手順とは?

お彼岸やお盆、正月など子供のころは必ず親につれられてお墓参りをしたものです。 それが、実家を離れて仕事をするようになるとだんだんと墓参りをすることもなくなってきました。 こういったことってどこの家でも …

お金を銀行に預けるより積立がお得!デパート積立や旅行積立とは?

銀行にお金を預けておいても、現在の超低金利では全く意味がありません。 普通預金でも0.001%。 100万円を1年間預けたとしても、利息は10円にも満たないんです。 他の銀行でお金を引きだしたら、手数 …

殻付きウニのさばき方 殻からウニを取り出す方法

春ウニで有名な北海道日高地方。 様似町のとある直売所で殻付きウニが販売されていました。 お店でウニ丼を食べるよりも、殻付きウニを買った方が 金額的には断然お得。 サイズはバラバラですが、1キロ購入した …

マスクは正しくつけないと効果なし!マスクの効果的な使い方とは?

マスクって使っていても、ほんとに効果があるのって思うときがあります。 インフルエンザや風邪が流行しているとマスクをつけますが、気休めのような気もしていてウィルスはマスクを通してしまうのでは?って思って …

長崎観光で軍艦島クルーズ!上陸できないって本当?

長崎観光は、行くところがたくさんあるので、どこに行こうか迷いますよね。 ましてや家族旅行となると、坂道がたくさんあるので、歩くのも大変。 せっかくだから、あちこち行って、軍艦島へも上陸してみたい。 今 …