エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

服選びのコツ。お尻、二の腕、ウエストなど体型に合わせるならコレ。

投稿日:

今まで着ていた服も年齢とともに合わなくなってきました。
体型もかわってきますから、仕方ありません。
体型にあった服選びについて、予約の取れないスタイリストの山本あきこさんがラジオで話されていました。
気になる二の腕やお尻など部位別です。

こういうことって人に聞けないのでとても参考になります。

服選びのコツ お尻が気になる方

オススメなのは
・テーパードパンツ
・ワイドパンツ

出典:LEPSIM

 

テーパードパンツ

形自体がヒップラインがゆったり作られていて、足首に向けて細く作られているデザインのパンツ。
気になるお腹周りやお尻周りはゆったり作られています。
お腹まわりにタックが入っていて、お尻をきちんとカバーしてくれて脚全体を細く見せてくれます。

 

ワイドパンツ
お尻や脚の形が出ないので、長く見えます。

素材は、とろみ感のあるクタッとした落ち感のある素材を選びましょう。
特にピンストライプなどのストライプの柄やセンタープレスを選ぶと脚長効果でヒップに目がいかなくなります。

 
靴は何を履けばいい?

出典:LEPSIM

こういうパンツをはいたときは、靴次第でやぼったく見えてしまう時があります。
一番スッキリ見せるなら、ポインテッドトゥのパンプス。
ペタンコのシューズでも先がとがっているものにすればすっきり見えます。足元の肌色を見せるとよりスッキリ見えます。

 

服選びのコツ 二の腕が気になる方

緩めの袖を選びましょう。

・フレンチスリーブ
・フレアスリーブ

出典:AZUL by moussy

 

フレンチスリーブ
袖のラインが通常は床に対して垂直ですが、腕に対してナナメ上にキュットあがるようなデザイン。
ナナメになっていることで、二の腕をすっきり細くみせてくれます。

腕を隠すよりも思い切って出してナナメに見せる方がいいです。

 
フレアアスリーブ

空間を作ってあげることで、腕を細く見せる。対比させています。
ピタッとした袖口だと腕が強調されてしまいますが、フレア感で動きが出ます。
目をそらす印象があります。

 

服選びのコツ ウエストが気になる方

ウェストの切れ目ラインを見せることが重要

*切れ目ラインとは・・・ここからウエストですよ!というライン(線)のこと
着こなしで誤解されるのが、ウエストを出すということは、くびれ全体を見せるというアピールではありません。
ウエストが気になる方は、ストーンとしたシルエットのトップスを選んでしまいがちです。
前から見た位置での切れ目ラインを見せてやるとウエストが細く高く見えるのでとってもオススメ。

どうやってウエストラインを見せるのか?

トップスを前だけインすると切れ目ラインが上がります。
後ろをアウトにするとお尻のラインが気にならなくなるし、足が長く見えます。
ウエストも細く見えます。

素材は、とろみ素材のものだとよりスッキリしてみえます。

*とろも素材とは、ポリエステル、シルクなど

 
ウエストがきつくて入らないときは・・・

後ろだけゴムになっているものを選びましょう。
前はしっかりボタンで、インしても生活感がなくお腹も目立たないデザインになっています。

前がゴムになっているものは、やめておきましょう。

 

服選びのコツ 胴長短足が気になる方

オススメは
・ハイライズボトム

出典:Re:EDI

腰で履くのではなく、ウエストで履くボトムス。股上が深いものです。
腰の位置を高く見せて、足の長さを強調できます。

デニムもローライズよりもハイライズがトレンドで、ローライズは昔っぽく見られます。
ハイライズってデカパンツのようなシルエットに感じますが、今のデザインは、スッキリ見えます。
ハイライズボトム デザイン選びのポイント

・ウエストにリボンがついているもの
・スカートであれば、ウエストにベルトがついているもの

視線がより上にあがるので足も長く見えやすくなります。
ウエストの位置が高いものを意識しましょう。

 

服選びのコツ 胸の大きさが気になる方

オススメは
・Vネックシャツ

出典:JaDoRe JUN

胸の大きな人は、隠したいので覆ってしまいがち。
逆に覆うと、上半身がボリュームがあるように見えてしまいます。
首元をスッキリみせることで胸のサイズをおさえてくれます。

 

服選びのコツ。お尻、二の腕、ウエストなど体型に合わせるならコレ。いかがでしたか。
気になっているところの二の腕やウエストなど、見せ方が重要だったんですね。
今まで、隠そうとしていたところが実は余計に目立っていたかもしれません。
スッキリ見せるコツがわかれば、見た目が変わること間違いなしです。

-コラム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野菜の保存方法と保存に最適な温度は?

  野菜を購入したら、とりあえず冷蔵庫に入れるってことが当たり前になっていると思います。 ところが、野菜にとって最適な温度というのがあるんです。 冷蔵庫に入れたら安心ではないんです。 それぞ …

鹿児島 観光 西郷どん大河ドラマ館など高齢者と周るルート

NHK大河ドラマ『西郷どん』の影響もあって 両親が鹿児島へ行きたいと言い出しました。 両親の年齢は80代と70代後半の高齢者。 歩くのも遅いので、スケジュールは、詰め込みすぎず 行き当たりばったり。 …

グリーンピース 嫌いな人でも大好きになるレシピと育て方

グリーンピースって子供のころから、シュウマイの上にのっていて、美味しくないというイメージがずっとありました。 その後も、美味しいと思ったことは一度もありませんでした。 ただ、冷凍食品のミックスベジタブ …

不用品 高く買取してもらう方法と安く処分する方法。知らないと損。

引っ越しや片付け、模様替えなどいらないものって必ず出てきます。 まだ使えるものであれば、捨てるのはもったいないし、 かといって買取してもらったとしても、あまりに安かったらガソリン代にもなりません。 そ …

お金を銀行に預けるより積立がお得!デパート積立や旅行積立とは?

銀行にお金を預けておいても、現在の超低金利では全く意味がありません。 普通預金でも0.001%。 100万円を1年間預けたとしても、利息は10円にも満たないんです。 他の銀行でお金を引きだしたら、手数 …