エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

カビ対策 押し入れ、浴室、エアコン 早期に対処することが大事

投稿日:2017年4月24日 更新日:

カビ対策って梅雨や湿度の高い時期だけではなく
今では、一年中やらなくてはいけません。

というのも、現在は、エアコンのある家庭が多く室内環境の季節性がなくなってきているのです。

人が住みやすい環境というのは、カビも住みやすいのです。
カビはいつでも繁殖する機会をうかがっています。

しかも、カビは中途半端に排除すればするほど、強くなって繁殖します。
早期発見が重要です。

<スポンサーリンク>



簡単にできるカビ対策

カビ対策 押し入れやクローゼット

押し入れ(クローゼット)にもカビは繁殖しています。
押し入れやの扉やふすまは、来客の場合をのぞいて、日常的に開けておきましょう

押し入れの中は、風があたりにくいので、空気が停滞しやすく、湿気もこもりやすいです。

ふすまを開けて、中の空気を動かすことが大事です。
ふすまの開け閉めは、片方だけしか開けないということがありますが、両側をバランスよく開けることが大切。
そうすることで、空気が流れやすくなります。

扇風機やサーキュレーターなどで空気を動かすことをしましょう。
とにかく空気を動かすことが大切です。
押し入れの中に、水とりぞうさんなどの除湿剤って入れていますが、気付いたら水が満タンになっているときがあります。
あの満タンの水は、そのまま放置していたら、逆に湿気を放出してしまいます。
せっかく除湿剤を置いても、これでは何にもなりません。
満タンになったら、すぐに取り換えましょう。

カビ対策 浴室

浴室はカビの温床になりやすい場所です。
カビが繁殖するのは、石鹸カスや皮脂などエサが豊富なためです。

浴室をつかったら、それらを残さないことが大事。

使った後に、40度以上の熱いシャワーで洗い流してしまいましょう。
そのあとに水で全体を洗い流せば、湿度を下げることにもなります。
<それでもガンコなカビの場合>
小さいカビなら、重曹、市販剤、アルコールなどで十分対応できます。
カビが広がってしまったら、それに伴って根っこも深くなるので、完全な除去は難しくなります。

しっかりした予防が大切です。

 

部屋のカビ対策 エアコンのフィルター

部屋にいるカビ。実はエアコンから出てきているかもしれません。

日常生活の中で、カビが潜んでいるのは、ほこりの中。
このほこりの中には、数十万~数百万のカビがいます。

ほこりが多くカビが潜んでいるのがエアコンの中なのです。

フィルターにほこりがたまると、そこからエアコンの内部にカビが侵入し、繁殖してしまいます。

通常のエアコンのフィルターでは、ほこりの中のカビまではブロックできません。

本格的にエアコンを使う前に、フィルターをそうじしましょう。

エアコンを使ってからも、こまめにそうじをしましょう。

そうじをせずに、そのまま使っていたら、知らない間に吸ってしまっています。考えただけでもゾッとします。

 

エアコンの設定は、ドライよりも冷房

湿度を下げるためにドライに設定する場合があるかもしれませんが、
空気をよく動かすためなら、冷房にした方が効果的

とにかく空気を滞留させないことが大切

 

臭い消しは?

たまにエアコンをつけたりしたら、臭う時があります。
こういう場合、ニオイ消しスプレーを使っていませんか。
スプレーを使うなら、無香料のものを使いましょう。

香料によっては、カビのエサになってしまう場合があります。

 

フィルターのそうじの仕方

エアコンからフィルターを取り外し、ほこりを掃除機で吸い取ります。
その後、水洗いします。たわしなど使うといためてしまうので、やわらかいものか手で水洗いしましょう。

①最初に掃除機をかける

フィルターを外して掃除機をかえて、水洗いすればいいのですが、外すときにホコリが落ちてくるかもしれませんから、最初にカバーを上げて、掃除機をかける方がいいです。

 

②フィルターを外し、掃除機をかける
フィルタ-に外側から掃除機をかけてほこりをとります。フィルターのウラ側から掃除機をかけるとホコリがフィルターの目に詰まってしまいます。

 

③フィルターを水洗い

掃除機で吸うだけでは、細かいホコリはとれません。

シャワーや、水道水をかけるのは、フィルターのウラ側つまり掃除機をかけた反対側からかけましょう。
掃除機と同じ方向から、かけてしまうと目詰まりしてしまいます。
ブラシを使う場合は、フィルターを傷めないために、柔らかいもので行いましょう。

水洗いのあとは、しっかり乾燥させます。

<スポンサーリンク>



カビ対策いかがでしたでしょうか。

空気を滞留させることと、ほこりをとるということがポイントです。
温かくなってきたので、エアコンをあまり使わない今こそ、フィルターそうじをしておくといいですよね。
ふすまを開けておくって普段あけていないから何だか不自然ですが、カビ対策だと思えば気持ちがよくなります。

カビ対策をやって、快適な暮らしをおくりましょう。

 

<関連記事>

カビの専門家が教えるカビ対策。あなたのカビ取り間違っているかも?

-コラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おはぎ(ぼたもち)ヘルシーで美味しい簡単作り方

子供のころはあんこが嫌いで、母親が、お彼岸に作ってくれたおはぎも全く食べなかった記憶があります。 それが、いつのころからなのか年齢を重ねてくると味覚がかわり、あんこが大好きに! 自分でも信じられません …

墓じまいをするには、どうしたらいいの?その手順とは?

お彼岸やお盆、正月など子供のころは必ず親につれられてお墓参りをしたものです。 それが、実家を離れて仕事をするようになるとだんだんと墓参りをすることもなくなってきました。 こういったことってどこの家でも …

意外と知らない洗濯の仕方&クリーニングのお得な使い方

そろそろ衣替えの季節ですね。 冬物衣料を一度にクリーニングに出すとなると結構な出費になります。 自分でできるところはやって、あとはクリーニング屋さんにお願いするというお得な方法があるんです。 それは一 …

ジビエ料理 イノシシ肉を食べるなら、超簡単なコレ!

最近では、ジビエ料理が、都市部でも食べられるようになってきました。 テレビでもよく放映されいます。 ただ、こういう料理って外食するとかなり高いですよね。 田舎に行くと、冷凍されて販売されているところが …

春キャベツと冬キャベツの違い?春と冬だけじゃないって本当?

出典:タキイ種苗 キャベツは、野菜の中でもとてもなじみのある野菜だと思います。 それもそのはずで、日本中で一番食べられている野菜なのです。 サラダはもちろん、とんかつとセットのせん切りキャベツや、お好 …