エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

高齢者ドライバーの事故のパターンは?まずは、高齢者マークを!

投稿日:2017年3月5日 更新日:

高齢者が運転する交通事故がテレビでよく報道されるようになりました。
うちの両親も高齢者なので、他人事ではありません。
かといって、地方に暮らしていることもあり、車がないと暮らしていけない環境。

高齢者の交通事故は、高齢者の人口が増加していることが関係していると思いますが、
実際どれくらい増えているのでしょうか。

<スポンサーリンク>




政府広報オンラインによると

高齢者の交通事故死の推移がグラフ化されています。

交通事故の死者数及び65歳以上が占める割合の推移(平成15年~24年 警察庁)

 

高齢者の交通事故死者 状態別割合(平成24年 警察庁)

 

車の運転中での事故死は、26.1%です。49%は歩行中の交通事故死です。
歩行中といっても夜間が昼間の2倍。
しかも半数が、自宅から半径500メートルと身近な場所で起こっているそうです。

 

歩行中の交通事故にみられる高齢者の特徴

個人差はありますが、老化による体力や判断力の低下が影響しているようです。

・横断途中で信号が赤に変わってしまった

・横断するときに、右から来る車にばかり注意して、右からの車が過ぎ去って横断したら左側から来た車にぶつかってしまった など

 

高齢者の運転中の事故におけるパターン

止まれると思ったところで、停車できない
一つのことにとらわれて、ほかのことを見逃してしまうなど
意識と行動のミスマッチや慣れが影響しているそうです。

 

原付以上の車両運転中の高齢者による主な法令違反別死亡事故構成率(平成24年 警察庁)

・15.8% アクセルとブレーキの踏み間違い、ハンドル操作の間違いなどの運転操作不適

・10.1% 安全不確認

・9.0% 脇見運転

・7.5% 一時不停止

・4.7% 相手の自動車や歩行者を発見しても、○○しないだろうと思い込んで、

気にせずに漫然と運転する  漫然運転

・42.9% その他

 

高齢者ドライバーの事故を防ぐためには

加齢によって、身体能力は低下するのは、仕方のないことです。
うちの親が運転しているのを見ると、判断が遅くなっていると感じることがあります。

そうはいっても、公共の交通機関があまりないので車がないと生活できなくなります。

車を運転することを前提に、事故を防ぐなら
・昼間の運転だけにしてもらって、夜は極力運転しない
・無理な運転はしない
・出来るだけ車に乗らないように意識する

これだけでも、車に乗る回数は減らせると思います。

 

自分の身を守るためにも高齢者マーク

うちの親も高齢者。
高齢者マークのステッカーを貼るようにいっても、なかなか貼ってもらえません。
同世代の友人たちもつけていないようで、「誰もはっていないから、つけない」と言い出す始末。

どうして貼るのかを説明しても、年寄り扱いするなの一点張り。

まるで、山田洋二監督の映画「家族はつらいよ2」(5月公開)のようです。

 

高齢者マークは何歳からつけるのでしょうか?

警察庁のHPによると

自動車免許を受けている人で70歳以上の人は、加齢に伴って生ずる身体機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときには、普通自動車の前面と後面の両方に

左記のマークを付けて運転するように努めなければならない(道路交通法第71条の5第2項等)とされています。
義務ではないんですよね。

 

高齢者マークを付けるとどうなるの?

高齢者マークをつけた自動車の周囲の自動車ドライバーは、配慮することが義務付けられています。

幅寄せや割込みをした自動車運転者は処罰されるんです。(道路交通法第71条第5の4号等)

・5万円以下の罰金

・反則金
大型自動車・中型自動車等7,000円
普通自動車・自動二輪車6,000円
小型特殊自動車5,000円

基礎点数1点

高齢車マークを付けることで、 周囲の自動車の運転者は、高齢者の運転する自動車が安全に通行できるよう配慮しなければならなくなるのです。
今までは、うちの親に対して、相手が迷惑だから高齢者マークを付けるようにと言っていたのですが、やり方をかえてみました。
「相手のためではなく、自分のためだよ」と。

高齢者マークを貼っているドライバーを守るために大切だし、
周りのドライバーにとっても高齢者だとわかるので、用心するようになります。

納得はしたようですが、まだ貼ってはいません。

無理強いしても、剥がされるだけですから、自主的に貼ってもらいたいものです。

 

<スポンサーリンク>



このように、高齢者ドライバーの事故は、加齢による身体能力の低下が大きいですね。

交通安全講習会や実技研修、運転適正検査なども活用して、運転能力をチェックすると同時に、高齢者ドライバーと周囲のためにも高齢者マークは貼ってもらいたいものです。

 

<関連記事>

親の免許返納 説得するにはどうしたらいいの?

-コラム
-,

執筆者:


  1. […] 高齢者ドライバーの事故のパターンは?まずは、高齢者マークを! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チェーンソーの組み立て方 実際に組み立ててやりやすい方法とは?

今まで使ったこともないチェーンソー。はじめて購入。   HAIGE ハイガー産業株式会社 チェーンソー HG-F5200 組み立てを実際にやってみました。 説明書通りにやり始めたのですが、と …

きゅうりの育て方 初心者でも簡単!プランター栽培のコツも。

シャキシャキしたきゅうり、とても美味しいですよね。 特に、暑くなってくるこれからの季節は、食欲がなくてもきゅうりは美味しくたべられます。 きゅうりも鮮度がいのち。 自分でつくって食べると、シャキシャキ …

北海道でトレッキングするなら旧狩勝線跡。アクセスや見どころは?

晴天が続いた5月。トレッキングしてきました。 旧狩勝線。線路跡です。 狩勝線は、約100年前、明治40年(西暦1907年)に開通し、昭和41年10月に廃止。60年の歴史に幕を閉じました。 歩いていると …

タイヤ交換は自分でできる!女性一人でも簡単にできる方法

雪国に住んでいると、一年に2回は車のタイヤ交換をします。 冬用タイヤであるスタットレスタイヤに交換する秋と、夏タイヤに換える春。 北海道だと、4月でも雪が降りますし、5月のゴールデンウィークにも降るこ …

自転車保険が義務化!コンビニやスマホで簡単に加入できる!

自転車は交通手段としてとても便利。普段から当たり前に乗っています。 保険加入はまだしていませんが、現在では自治体によって自転車の保険加入を義務化しているところが出てきています。 というのも、2013年 …