エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

お薬手帳で薬代が安くなる、お薬手帳の上手な活用法とは?

投稿日:

病院に行ったら、処方箋をもらって薬局に行くというのは、普通の流れです。
かかりつけの薬局がない場合は、
風邪を引いたら内科の病院に行き、その病院の近くにある薬局へ行きます。
皮膚科に行ったら、病院の近くの薬局に行くことになります。

それって当たり前だと思っていたのですが、これって損をしているんです。

薬局に行き、処方箋を出して、薬をもらおうとしたら
「おくすり手帳 持っていませんか」と言われることがあります。

「忘れました」と言ったら、新しいものを作ってくれたり、
シールをもらって、貼っておいてくださいといわれたり。こういうのって何度となくあります。

お薬手帳を出さないだけで損しているのです。

お薬手帳を持っているだけで、薬代が安くなる!

病院に行ったあと、薬は薬局で調剤してもらいます。
その際、薬剤師の方から飲み方などの説明をひととおりうけますよね。

それが、管理指導。
薬をもらうたびに、この管理指導料を払っているんです。500円

持病を持っていれば、数週間おきに薬をもらいに行きます。
私の両親も、2週間毎に病院に行き、同じ薬局で薬をもらっています。

その際に、同じ薬なのに、管理指導を受けても仕方ありません。
そこでお薬手帳。
これを持っているだけで、管理指導料が380円に値引きされるのです。

個人負担は、値引き分の120円の医療費となりますから、1割~3割負担です。
つまり、10円~40円分、安くなるのです。

たったそれだけかと思われるかもしれませんが、これが毎回のこととなるとチリツモです。
ただし、お薬手帳を持っていても安くならない場合もあります。

・同じ薬局であっても、半年以上経過した場合

・いつも行くかかかりつけの薬局でなく、初めて行く薬局。

・総合病院などの大病院の前にある薬局は割引が適用されない場合があります。
というわけなので、かかりつけの薬局に行くようにしましょう。

 

お薬手帳の活用法

お薬手帳って薬代が安くなるだけではありません。

どんな時に活用されるのか、ご存知でしょうか。

それは、第一に緊急時

・旅行している時
・災害時
・緊急搬送時

気付かないうちに倒れてしまって、病院に運ばれたとしても
どういう経緯で倒れたのか、どういう薬を飲んでいたかということは、お医者さんでも予測できません。

そのときに役に立つのがお薬手帳。

これさえあれば、どんな病気にかかっているのか瞬時に把握することができます。

例えば、糖尿病が持病であった場合、いきなり倒れたとしたら、低血糖かもしれないということがわかります。
事情を知っている家族が周りにいれば大丈夫ですが、それを知らない人の中で倒れたら、何が原因かなんてわかりませんよね。

その時にお薬手帳を持っていたら、判断できます。

お医者さんも、適切な処置ができるのです。

*保険証とお薬手帳は、セットにしておきましょう。

これ以外にも・・・

・薬の飲み合わせの問題も防ぐことができる
・いろんな病気で、薬の重複を防ぐことができる
・薬の副作用をチェックできる

などに活用されています。

 

お薬手帳を忘れないためには

薬局によっては、お薬手帳を忘れたら、替わりに仮のものをくれるところもあります。
そういうところは、次回持って行けばまとめてくれます。

ただ、必ずといっていいほど忘れるという方には、アプリがあります。

電子おくすり手帳 アプリ

病院に行ったり、薬局に行ったりするときに
お薬手帳は忘れてしまうけど、スマホを忘れるということは、ほとんどないのではないでしょうか。
そんな方には、アプリのおくすり手帳。無料で使えます。
現在、色んなアプリがあります。

出典:eお薬手帳

 

アプリによっては、紙のお薬手帳にはない機能もあり、通院予定や薬の飲み忘れ防止のアラームもあったり、家族の分が一台のスマホで管理できるものもあります。
アプリの注意点

・薬局によって、割引が適用されるのか対応が異なるので確認してから使いましょう。

・薬局が提携しているアプリの場合は、薬の一覧があったりと使い方も便利ですが、
提携していないアプリであれば、自分で入力しなければなりません。

・データの流出がないとは言い切れません。

・スマホが壊れてしまったら、データが消えてしまう場合があります。
こまめにバックアップはとっておきましょう。(アプリによっては、自動的にサーバーへアバックアップしてくれるものもあります)

 

お薬手帳で薬代が安くなる、お薬手帳の上手な活用法とは?いかがでしたでしょうか。
ちょっとでもお得になるなら、お薬手帳を活用した方がいいですよね。
みすみす損をすることはありません。

薬局においても、自宅の近くや最寄りの駅の近くなどかかりつけの薬局を持っていた方が便利です。

出かけるときや旅行に行くときも、保険証とセットで持って行くようにしましょう。

-コラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母の日に喜ばれる健康食品 簡単手作りプレゼントしませんか。

毎年、母の日に何をプレゼントしようかと悩んでいる方は多いとおもいます。 物を贈るにしても、何をプレゼントしたらいいのか・・・ それなら、いっそのこと手作りしてみませんか。 手作りといっても、手の込んだ …

自転車保険が義務化!コンビニやスマホで簡単に加入できる!

自転車は交通手段としてとても便利。普段から当たり前に乗っています。 保険加入はまだしていませんが、現在では自治体によって自転車の保険加入を義務化しているところが出てきています。 というのも、2013年 …

網戸の張替え方法。1人でも簡単に出来る!

何年も取り替えていない網戸は、知らず知らずのうちに 切れたり破れたりしています。 一つ破れがひどくなっていたので、家中の網戸をチェックしてみたら 破れていたり、切れているものが全部で5枚。 いざ張り替 …

きゅうりの育て方 初心者でも簡単!プランター栽培のコツも。

シャキシャキしたきゅうり、とても美味しいですよね。 特に、暑くなってくるこれからの季節は、食欲がなくてもきゅうりは美味しくたべられます。 きゅうりも鮮度がいのち。 自分でつくって食べると、シャキシャキ …

カビ対策 押し入れ、浴室、エアコン 早期に対処することが大事

カビ対策って梅雨や湿度の高い時期だけではなく 今では、一年中やらなくてはいけません。 というのも、現在は、エアコンのある家庭が多く室内環境の季節性がなくなってきているのです。 人が住みやすい環境という …