エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

不要になったランドセル 寄付で社会貢献しませんか。

投稿日:

ランドセルは、小学校の6年間使っただけで役目を終えてしまいます。
そのあと、使うことってほとんどありませんよね。
だからといって、子供の思い出がつまったランドセルを捨ててしまうのは、もったいないです。

捨てないで活用する方法として、使ったランドセルを寄付できます。
これなら、誰かのために役に立つし、捨てなくてすみます。

 

ランドセルの寄付とは?

海外では、貧困のために学校に行きたくても行けない子供がたくさんいます。
ましてや、学校へ行くにもカバンがありません。
そこで、ランドセルがあったら、子供たちにとっては学校に行く意欲がわきますし
親御さんにとっては、ランドセルを背負わして勉強させてやりたいという気持ちも芽生えてきます。
一度使ったランドセルを寄付することで、途上国の人々にとっては学校に行くというきっかけになっているところもあるのです。

ランドセルを寄付する方法

国際協力NGO「ジョイセフ」

女性のいのちと健康を守る活動をしている日本の団体。
2004年からアフガニスタンへランドセルを寄贈する活動「ランドセルギフト」を始めています。2016年までに、13年間で寄贈したランドセルの数は、176,206個。

2017年は、春と秋の2回 募集を行っています。
2017年の春は、5月31日までの締切です。

<ランドセルの贈り方>

①不要なったランドセルを用意する
②海外輸送経費を振り込む
ランドセル1個につき 1800円
又は、書き損じハガキ 52円であれば46枚を送る
③自宅から日本国内の指定倉庫(横浜の倉庫)へ贈る
送料がかかります。
ただし、ランドセル募集期間であれば、平日9~15時までの持ち込み可能。

注意!寄付できないランドセルがあります

<ランドセルの痛み具合を確認しましょう>

  • 肩ベルトが切れてしまいそうなヒビが入っていないこと
  • 皮の劣化等により、少しの摩擦で表面がはがれ落ちてこないこと
  • バックルがちゃんと閉まること

その他の経年変化による汚れやはがれ、学校のマークやシール等は気にしなくても大丈夫。

 

豚皮を使ったもの
宗教上の理由から、豚皮を使ったランドセルは贈ることができません。
<豚皮の見分け方>
ふたを開けた裏側を見てみましょう。
ブツブツした毛穴があるものです。


豚皮製のランドセルは廃棄となりますが返品、返却はできないそうです。
それは廃棄処分や倉庫保管料などの経費がかかってしまうので、返金は出来ないそうです。

ランドセルを贈る方の中には、文具を入れて贈る人も多いそうです。
ただし、新品じゃないとダメです。
不要になったエンピツ、消しゴム、ノートなど。
そして、手紙も入れている方がいて、それをもらった現地の子供たちはとても笑顔になるそうです。
<アフガニスタンの教育事情>
アフガニスタンでは、学校教育を多くの子供が受けられていません。
初等教育純出席率は、男子64%、女子48%。
15~24歳までの約7割の女性が、読み書きが出来ません。
教育を受けられないまま、女の子たちは12~13歳で結婚、そして出産するということが多いのです。

そこで、初等教育の6年間だけでも教育を受ける機会があれば、読み書きできるようになり、自分や家族の健康を守る知識、情報を身につけられることができるのです。

そこでランドセルが教育を受けるきっかけになっています。

詳しい内容は、ジョイセフのホームページをご覧ください。

 

ワールドギフト

国際社会支援推進会が運営しています。
ランドセルだけでなく不要になった電化製品や日用品などを途上国へ寄付できます。

期間がきまっていないので、いつでも贈ることができます

<料金>
梱包するダンボールのサイズで異なってきます。
段ボール 3辺の合計が120センチサイズ 重さ30キロまで  2400円

140センチ  2900円
170センチ  3400円

料金には、送料だけでなく、途上国への輸送費、途上国から学校などへの送料などの経費が含まれています。

電化製品は、別料金となります。
自宅まで集荷にきてくれます。

詳しい内容は、ワールドギフトのホームページをご覧ください。

 

不要になったランドセルが寄付できるって素晴らしいことですよね。

押し入れの中に眠っている子供のランドセルがあったら、寄付してみませんか。
寄付するのに、送料などのお金はかかりますが、今まで使っていたらランドセルが別の子供の役に立つのですから想像しただけでもうれしくなってきます。

-コラム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

洗濯物 効率的な干し方にもコツがあるんです!

洗濯物って、毎日のことなので、そこまで考えずにただ干していました。 やっていたことが全然ダメということに気づかされました。干し方にもコツがあったんですねぇ。全く知りませんでした。 家事研究家の高橋ゆき …

カビ対策 押し入れ、浴室、エアコン 早期に対処することが大事

カビ対策って梅雨や湿度の高い時期だけではなく 今では、一年中やらなくてはいけません。 というのも、現在は、エアコンのある家庭が多く室内環境の季節性がなくなってきているのです。 人が住みやすい環境という …

食中毒 カレーやはちみつに潜む菌 対策は?

最近、幼稚園でカレーを食べた園児や教職員70人が吐き気や下痢などウェルシュ菌による食中毒に感染したという報道がありました。 次に、はちみつを食べた幼児がボツリヌス症に感染して死亡したという報道。 いず …

母の日に喜ばれる健康食品 簡単手作りプレゼントしませんか。

毎年、母の日に何をプレゼントしようかと悩んでいる方は多いとおもいます。 物を贈るにしても、何をプレゼントしたらいいのか・・・ それなら、いっそのこと手作りしてみませんか。 手作りといっても、手の込んだ …

親の免許返納 説得するにはどうしたらいいの?

遠方に暮らす両親も高齢者となりました。 高齢者ドライバーによる交通事故は、他人事ではありません。 かといって、車がないと普段の買い物や病院など生活も大変になるわけで。 今では、免許証の返納で特典もある …