エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

お金を銀行に預けるより積立がお得!デパート積立や旅行積立とは?

投稿日:2017年5月25日 更新日:

銀行にお金を預けておいても、現在の超低金利では全く意味がありません。
普通預金でも0.001%。
100万円を1年間預けたとしても、利息は10円にも満たないんです。
他の銀行でお金を引きだしたら、手数料をとられてすぐにマイナスになってしまいます。

こんな低金利な時代に、とても高い利回りの積立があるんです。
それが、「デパート積立」や「旅行積立」。
デパート積立の場合は、利回り8%以上。
旅行積立は、1.5%以上。

銀行に預けておくのがバカバカしくなってしまいますよね。

このお得な積立について調べてみました。

<スポンサーリンク>



デパート積立とは?

デパートで買い物をすると、カードはお持ちではないですか?と聞かれたことがあると思います。デパート独自のカードではありますが、友の会です。

大手のデパートであれば、たいていのところにあります。

積立というのは、どういうことかというと

例えば、

毎月1万円を1年間預けたとすると
1年後にボーナスが一ヶ月分プラスになるんです。

つまり

1万円×12ヵ月 + ボーナス1ヶ月分(一万円) = 13万円

13万円のお買物券がチャージされて使えることになります。

銀行にお金を預けると利息にたいして、20.315%の税金が引かれてしまいますが
デパート積立のボーナスは、税金が引かれません

デパート積立の利率は、一年積立で年利15%を超えているところもあります

さらに、友の会カードを提示することで、関連施設やレストランなどの割引が受けられるのです。
デパートでの買物が常に5%引きというところもあります。

お中元やお歳暮など定期的に利用するという方にとっては非常にお得です。

デパート積立の期間

一年コース半年コースがあります。
もちろん半年の方が利率が下がるのでボーナス額は少なくなります。

ところが一年間と半年間で利回りが同じというところがあるのです。
それは、東急百貨店、小田急百貨店は、半年コースでも8.3%。

デパート積立ですが、メリットばかりではなく、デメリットもあります。

 

デパート積立のデメリット

・お買物券は、現金化することはできません
・そこのデパートでしか利用できない
・経営が悪化したら、積立金が返ってこないリスクがある
・いつも利用していたブランドのテナントが撤退したら利用できなくなる
デメリットも考えて、普段から活用しているのであれば、積立することがお得です。

 

デパート積立ってボーナスは、デパートからもらえますが、あくまでも自分が払っているお金です。
13万円分もらったわけではないので、計画的にデパートで買物をするということが大前提です。

各デパートの積立について詳しい内容は、こちらに記載されています。

日本百貨店協会 積立はこちら

 

次に旅行好きな人のための旅行積立について説明します。

旅行積立とは?

旅行会社や航空会社に積立期間や満期時の金額を決めて積み立てるやり方です。

満期時に一定額以上のサービス額が上乗せされて、旅行券が受け取れます。
デパート積立の旅行版といった感じです。

会社によって異なりますが、利回りは1.5~3%

この旅行積立の利息分も、課税されません

旅行券は、旅行会社のパッケージ商品だけではなく国内線や国際線の航空券、JR券に使えたりします。

旅行だけでなく、年末年始など必ず帰省する場合は高額になりますから、航空券だけでも活用できるし、両親への旅行券のプレゼントなどにも使えて便利です。
<旅行積立ができる会社>

旅行会社:JAL、ANA

航空会社:近畿日本ツーリスト、日本旅行、H.I.S、JTB、阪急交通社

旅行積立の期間は?

会社によって毎月積立や一括積立などバラバラで、
だいたい6ヶ月~60ヶ月つまり半年から5年間です。
JTBでは、期間のないフリープラン(利回り0.8%)もあります。

デパート積立とはちがって、期間が短い積み立ての方が利率が高いです。
それは、旅行会社にしてみたら、長い期間積立して、5年後に旅行に行ってもらうよりも
短期間で旅行に行ってもらった方が会社からすると有難いわけです。

 

旅行積立のデメリット

・途中で解約したり、旅行券が使い切れずに残った場合に現金化できません。
・積立をした旅行会社や航空会社に限られるので、他の旅行会社では使えません。
・その会社の倒産リスクがある。
・旅行会社によっては、使用期限が決まっている。

自分にとって使い勝手のいい、自分のニーズにあったものを選ぶようにしましょう。

<スポンサーリンク>



 

まとめ

お金を銀行に預けるならデパート積立、旅行積立がお得!いかがでしたか。
どちらもデパートをよく活用していたり、旅行をすることが事前に決まっていたり、毎年行くというような方にオススメです。

計画的にコレに使うということを明確にされている方にとっては確実にお得です。

というのも普段から使っていないのに積立したとしても、自分のお金を使っているわけですから、積み立てたので使わなくちゃいけないという風に無駄遣いになってしまいます。

これから積立しようと思っている方は、どれが自分にあっているのか調べてから加入しましょう。

-コラム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

避難袋(防災袋)の中身は、100均以下でも揃えられる!

2016年の熊本、大分地震から一年が経過しました。 熊本の地震による犠牲者は、2017年3月末時点で、222人。 地震による建物の倒壊などによる直接死は、50人。 ということは、地震で直接亡くなった3 …

母の日に喜ばれる健康食品 簡単手作りプレゼントしませんか。

毎年、母の日に何をプレゼントしようかと悩んでいる方は多いとおもいます。 物を贈るにしても、何をプレゼントしたらいいのか・・・ それなら、いっそのこと手作りしてみませんか。 手作りといっても、手の込んだ …

単身赴任での生活必需品。これだけ準備すれば大丈夫!

家族と離れての単身赴任。 子供の学校や進学のことを考えると、単身赴任は仕方のないことかもしれません。 しかも、異動の辞令って、1ヶ月前ならまだしも、1週間前というのもあってホントにバタバタのことが多い …

墓じまいをするには、どうしたらいいの?その手順とは?

お彼岸やお盆、正月など子供のころは必ず親につれられてお墓参りをしたものです。 それが、実家を離れて仕事をするようになるとだんだんと墓参りをすることもなくなってきました。 こういったことってどこの家でも …

きゅうりを長期保存させる簡単な漬物レシピ

きゅうりを栽培していると、これでもかっていうくらい生ります。 最初のうちは、うれしくて食べていたのが、そのうちいい加減にしてよと なってしまいます。 ご近所さんに、おすそ分けしても毎度毎度では嫌がらせ …