エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

コラム

食品用ラップの賢い使い方!素材で使い方が違うんです。

投稿日:

普段使っている食品用のラップ。
特売で安いのを買ったときに失敗したーっていう事がありました。
安いラップは、切れ味もよくないし、ピッタリくっつかないからほんとに使えないと思っていたんです。

やっぱり高いのじゃないとダメねと。ですから、そこそこ高めのラップしか買わなくなりました。

そうしたら、食品用ラップには素材の違いがって、それが価格にも関係しているそうなんです。
素材に違いがあるということは、使い方にも違いがあるということなんです。
ラップの素材別の使い方について、日本食品包装協会の広瀬氏が話されていました。

食品用ラップの素材には3つあるそうです。

食品用ラップの素材

①クレラップ、サランラップ ⇒ ポリ塩化ビニリデン

②ハイラップ、ポリラップ ⇒ ポリエチレン

③リケンラップ、ダイアラップ ⇒ 塩化ビニル樹脂

 

食品用ラップ 素材別の特徴は?

①ポリ塩化ビニリデン

すぱっと切れやすくて、とても使いやすいです。
これは、ニオイや湿気、酸素を通しにくいのが特徴です。
酸、アルコール、塩分にも強い。

臭いがうつるのをさけたい場合は重宝します。冷蔵庫内にもニオイがこもりません。

例えば、にんにくやキムチ、チーズなどを包むのにはいいですよね。

②ポリエチレン

価格的に安いので家計にやさしいです。
酸素を通しやすいのが特徴です。

野菜や果物など呼吸をしている食品に向いています。
ポリ塩化ビニリデンだと酸素を通さないので窒息死してしまいます。

 

③ポリ塩化ビニル樹脂

やわらかく、くっつきやすいのが特徴。切ったらすぐにクシャクシャになります。
スーパーなど業務用として使われていて、作業性、密着性がよく、液漏れしません。

肉や魚などトレーにラッピングされているものに使われています。
飲食店でもラーメンなどの出前に使われてるのがそうです。確かにスープが漏れていませんよね。
液体が漏れないので、お弁当を包むときもいいですね。

 ただ問題が・・・
密着性はいいのですが、酸素や湿気は通しやすいので保存性には向いていません
ですからスーパーで買ってきたものをそのままにしておいたら食材が傷んでしまいます。
手間はかかりますが、買ってきたものを日持ちさせるなら、ポリ塩化ビニリデンのラップで包みなおすようにしましょう。
密着させて保存すれば日持ちします。

 

 

食品用ラップの知恵袋

①電子レンジで温めるだけなら、どれがいい?

それぞれの耐熱温度は
・ポリ塩化ビニリデン  140度
・ポリエチレン     110度
・塩化ビニル樹脂    130度

温めるだけなら、どれでも大丈夫。

油を含むものは温度が高くなるので、できるだけ溶解させないように
鶏のから揚げなどは、器にいれて、ラップにくっつかないようにすることが大事。

 

・溶けると体に悪いんじゃないの?

食品用ラップなので体に悪い成分は含まれていないそうです。
溶けたものを食べたとしても、消化されないのでそのまま排出されるそうです。

 

②木製の器にラップがくっつかない場合、どうしたらいいの?

ラップは表面がツルツルしていて、木製はデコボコしています。
接触するところをよくするために、フチを水でぬらしてやるとピッタリくっつきます
お寿司屋さんでは、すし桶のフチをぬらしてラップをつけています。

 

③包んだラップをどこから剥がしていいかわからない、どう包めばいい?

ラップで包んだときに、端っこを折り返すといいそうです。
折り返しを作るということは空気を巻き込むこと。

電子レンジであたためても、折り返した部分は、熱伝導性が悪くなって、その部分が熱くなりません。

 

④ラップと薬品との相性は?

食品用ラップですから、あくまでも食品用です。
とはいえ、ラップは耐薬品性が高いのでほとんど溶けないそうです。
掃除などで使う場合、市販の洗剤であれば大丈夫です。

 

食品用ラップ、素材別の使い方いかがでしたでしょうか。

スーパーで特売されたお肉などは買いだめして、そのまま冷凍庫へ保存していました。

それって食材にはよくなかったんですね。これからは面倒ですが、ラップで包みなおして保存しようと思います。

食品用ラップ、素材別に賢く使っていきたいものです。

-コラム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

北海道でトレッキングするなら旧狩勝線跡。アクセスや見どころは?

晴天が続いた5月。トレッキングしてきました。 旧狩勝線。線路跡です。 狩勝線は、約100年前、明治40年(西暦1907年)に開通し、昭和41年10月に廃止。60年の歴史に幕を閉じました。 歩いていると …

カビ対策 押し入れ、浴室、エアコン 早期に対処することが大事

カビ対策って梅雨や湿度の高い時期だけではなく 今では、一年中やらなくてはいけません。 というのも、現在は、エアコンのある家庭が多く室内環境の季節性がなくなってきているのです。 人が住みやすい環境という …

片付けてもすぐに散らかるという人でも簡単にできる収納術!

普段から掃除をしているのに どういうわけかすぐに散らかるってことありませんか。 机の上にものが山積みになっていたり。 部屋に物が散乱していたり。 時間がない、物が多い、整理整頓が苦手という方でも すぐ …

墓じまいをするには、どうしたらいいの?その手順とは?

お彼岸やお盆、正月など子供のころは必ず親につれられてお墓参りをしたものです。 それが、実家を離れて仕事をするようになるとだんだんと墓参りをすることもなくなってきました。 こういったことってどこの家でも …

おはぎ(ぼたもち)ヘルシーで美味しい簡単作り方

子供のころはあんこが嫌いで、母親が、お彼岸に作ってくれたおはぎも全く食べなかった記憶があります。 それが、いつのころからなのか年齢を重ねてくると味覚がかわり、あんこが大好きに! 自分でも信じられません …