エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康

腸内環境を整えて、病気を予防しませんか?

投稿日:

風邪をひいたり、花粉症になったりしたら腸内環境が整っていないからなどと耳にしたことがあると思います。

腸内環境を整えるということは、そこに棲んでいる細菌のバランスをとること。この腸内細菌が健康寿命も決めているんだそうです。

参考資料:THE BIG ISSUE 大腸内に1000兆個の腸内細菌 辨野義己氏

 

身体の中に微生物を持たない無菌動物は、体内微生物を持つ通常の動物(人も含まれます)の1.5倍は長く生きするんだそうです。ということは人間も無菌状態なら、120歳以上生きられるということです。

腸内に棲む細菌は1000種類以上。

大腸内には、600~1000兆個の細菌がいて、これらのすべての重さは1.5キロにもなるんだそうです。

腸内細菌は、年をとるにつれて、つまり老化に伴い善玉菌が減って、悪玉菌が増える傾向にあります。

 

そもそも腸内細菌って何?

腸内細菌とは、腸内に生息している細菌です。
主には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌。

働 き 割 合
善玉菌 人の体に有益な働きをしてくれる菌
食べかすから、糖類などを選り分けて分解し、有用な物質を生成して発行を行います
20%
悪玉菌 タンパク質やアミノ酸などを分解して腐敗させます 10%
日和見菌 勢力の強い方になびく未知の菌 70%

 

腸内細菌は、どこからくるの?

由来は母親。

赤ちゃんがお母さんの胎内にいる間は無菌です。
生まれてくるときにお母さんの産道にいる菌に感染するのです。赤ちゃんの腸粘膜の構造は、遺伝的に母親のものと似ています。
この時点で決まった腸内細菌の構成は、変化しにくいのですが、食事や生活環境でコントロールできるのです。

 

腸内細菌を整える(コントロール)するには・・・

・野菜などの食物繊維

・プロバイオティクス
生きたまま腸に届いて、有益な働きをする微生物
例えば、ビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌

・プレバイオティクス
大腸に生息する善玉菌のエネルギー源となるオリゴ糖など

*プロバイオティクスの代表は、ヨーグルトや乳酸菌飲料
これを食べても、菌自体が定着するわけではありません。
腸にもともと棲んでいるビフィズス菌の菌数を高めたり、ほかの菌を抑制して善玉菌が増えやすい状態を生み出してくれるのです。

 

毎日のお通じをよくするには・・・

・便をつくる力
つまりは、食べ物です。

*肉を1食べたら、野菜を3 一日に350g以上摂るのが理想

長寿日本一の長野県の場合:野菜の摂取量 男性379g、女性353g

 

・育てる力
食物繊維、プロバイオティクス、プレバイオティクス
・出す力
運動をしましょう。
1日に9000歩以上歩く、時間では1時間半程度歩きましょう。
排便に必要な大腰筋と腸骨筋を鍛えることにつながります。

これら3つを心がけましょう。

便とは・・・

食べたもののカスが出るのは、だいたい16~24時間後。

便の約80%は水分、

残り20%のうちの1/3⇒食べかす
2/3⇒小腸、大腸からはがされた粘膜と細菌

大便1グラムに最近は1兆個いるそうです。

便意は、一日に2~3回やってきます。
このときに我慢せずに、一日に1回は出すようにしましょう。

 

自分で便のチェックをしてみましょう。そすれば、自分が健康なのか現在の調子がわかるようになります。

便のチェック方法

・重さは300g以上あるのが理想。

・嫌なニオイがしない

・色は、黄色から黄褐色

トイレの前に体重計を置いておきます。
トイレに入る前に、体重計にのって体重をはかり、トイレで用を足した後に再度、体重計にのります。そうすれば、どれくらい排出されたかがわかります。

こうやって、毎日の健康がチェックできます。

 

次に腸年齢チェック

あてはまる数をかぞえてみましょう。

腸年齢のチェック

□便秘気味(または時々、下痢をする)
□便は固く、気持ち良く出ない
□便の色が茶褐色や黒っぽい
□おならや排便後のにおいがきつい
□野菜が嫌い、あまり食べない
□肉食や外食が多い
□牛乳や乳製品が嫌い、ほとんど口にしない
□運動不足を自覚している
□顔色が悪く、肌につやがない。老けて見える
□ストレスが多く、飲酒や喫煙量がかさむ

あてまはった数
9個以上・・・腸年齢は老人

6~8個・・・悪玉菌の増加。不調をきたすかもしれません。

3~5個・・・生活を見直す必要あり

1~2個・・・腸年齢と実年齢は同じ

0個  ・・・腸年齢は若く、善玉菌優勢

 

腸の働きとは

<小腸>

胃で消化した食べ物を消化、吸収して残りを大腸へ送る臓器。

小腸の粘膜は3日に一回はがれ落ちて入れ替わります。
宿便が溜ることはなく、どんどん流されます。
さらに全身の免疫細胞の6~7割が集中していて病原菌を攻撃するリンパ球が待機しています。
ですから、小腸は人の身体のなかで最も病気になりにくい臓器です。
<大腸>

大腸がん、大腸ポリープ、急性大腸炎、過敏性腸症候群など病気の種類が最も多いと臓器です。
腸内環境を整えることについて、いかがでしたでしょうか。
便のチェックであてまはる項目が多い場合は、食生活の見直しや運動など出来る事からはじめてみましょう。
病気になってからよりも、なる前に予防しておいた方が得策です。

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性ホルモン 2つのツボで働きアップ、お腹の脂肪がスッキリ?

女性ホルモンって40代くらいから、徐々に分泌量が減ってきます。 着実に閉経に向かっているわけですから、これは仕方のないことです。 この年代になってくると、女性ホルモンが減少してくることで、これまでなに …

医療現場でも実践されている正しい手の洗い方とは?

家に帰ってきたら、まず手を洗いましょう!というのは 子供のころから当たりまえにやってきたことです。 この手洗い、ホントにちゃんと洗えているのかといったら ちょっと疑問。 健康カプセル ゲンキの時間では …

脳梗塞や心筋梗塞の前兆 家族が倒れた時の対処法は?

脳梗塞や心筋梗塞、血圧の上昇など 冬の寒い時期になると特に危険です。 『健康カプセル ゲンキの時間』では、 脳梗塞や心筋梗塞の前兆、血圧の急上昇、 家族が倒れた時の対処法について 東京女子医科大学 教 …

自律神経を整える簡単な方法!これで梅雨や夏を乗り越えられる。

なんだか疲れがとれないと思っていたのですが、これって自律神経のの乱れかもしれません。 天気が安定しない時期や夏にかけて自律神経は乱れやすくなります。 梅雨時期など低気圧になったりすると、気圧がちょっと …

狭心症 心電図でもわからない!更年期女性に多い症状とは?

狭心症は、運動していたり、走ったり、階段を上ったりなど動いている時に症状が出やすいと思いがちです。 これを労作性狭心症というそうです。 ところが、安静時に症状が出る狭心症もあるんです。 特に、更年期の …