エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康

二日酔いの予防 噛むことで防げるってご存知ですか?

投稿日:

忘年会や新年会と飲み会続きで
二日酔いがつらい思われている方もいらっしゃるかと思います。

二日酔いにはなりたくないのに
ついつい飲みすぎてしまうんですよね。

そこで二日酔いの予防として、噛む事で防げるらしいんです。

麻布医院の院長で日本肝臓学会で肝臓の専門医
高橋弘氏がラジオで話されていました。

お酒の適量ってご存知ですか?

一日のアルコール適量 女性の場合

ビール・・・中ビン 半分
日本酒・・・お銚子 半分
ワイン・・・110ml 小さいグラス1杯

男性の場合は、この2倍の量が適量と言われています。

ビックリするほど少ないです。これでは、全然足りませんよね~。

そもそも適量ってどういうことかというと
肝臓が、アルコールを1日で完全に代謝して、解毒できるアルコールの量

この量を超えると二日酔いになる可能性があります。

二日酔いを予防するために一番いいことってどうすればいいのでしょうか。

<スポンサーリンク>



二日酔いの予防 噛むこと

噛むと、唾液が出ます。

唾液には、胃の粘膜を保護してくれたり
抗菌作用と肝臓の炎症を抑える働きをしてくれるラクトフェリンが含まれています。

噛むと唾液の量は、通常の5~10倍増えます。噛むことで胃も肝臓も守られます。

消化機能の中で、胃の粘膜を保護したり
肝臓の機能を守ってあげると二日酔いになりにくいのです。
そういう働きが噛むこと関係しています。

飲む前に、先に食べてよく噛んでおくと
唾液が出て二日酔い予防にはとてもいいそうです。

 

二日酔いの予防 噛むことで肝機能アップ

噛むことで唾液が増える以外に
よく噛むと、肝臓と胃腸をつなぐ門脈の血管の血流が増えます。

門脈の血流が増えると、色々な栄養素が肝臓によく集まってきます。

栄養が増えると、肝臓はより効率よく働いてくれます。
昔から肝炎の患者さんには、食後30分横になりましょう!
ということが勧められています。

横になると門脈の血流が増加して肝機能が改善することがわかっています。
門脈とは・・・
肝臓には、主な血管が2つあります。
そのうちの1つが、門脈。
ほとんどの栄養が、門脈から肝臓に運ばれています。

固形物を咀嚼すると、門脈の血流はどれだけ増えるのでしょうか。

<実験結果>

・固形の栄養を咀嚼した場合 200%UP
・水を飲むだけの場合 30%UP
・咀嚼しただけの場合 30%UP

とにかく、よく噛むということが肝機能をアップさせるポイントです。

二日酔いの予防 有効なおつまみは?

野菜、たんぱく、アルコールの順番で食べる事を覚えておきましょう。

キャベツ

アルコールは代謝されて、アセトアルデヒドになり
これが二日酔いの原因です。

キャベツに含まれるイソチオシアネートと呼ばれるファイトケミカルは
肝臓の解毒酵素を増やして、アセトアルデヒドをデトックスしてくれます。

キャベツを食べるときも、しっかり噛むことで
このイソチオシアネートが出ます。
アルコールを飲む前に、食べるとキャベツは食物繊維も豊富なので
アルコールの吸収もゆっくりになります。

 

良質のタンパク

チーズ、枝豆などをつまみながら飲みましょう。

 

二日酔いの予防 水

噛むこと以外にも、やっぱり水分をとることが大切です。
高橋氏曰く、ドリンク剤を飲むよりも
お酒を飲む30分前にペットボトルの水500mlを1~2本飲むと
二日酔いしないそうです。

なかなかこれだけの水を一気に飲むのは大変ですが
身体のことを思ったらやってみる価値はありそうです。
のどが渇いて脱水になっていると、どうしても
お酒をがぶ飲みしてしまいます。

さらに、お酒を飲みながら、チェイサーとして水を飲むこともオススメ。

<スポンサーリンク>



二日酔いの予防 噛むことで防げるってご存知ですか?いかがでしたか。
食べながら飲むって意識していても、お酒が先行してしまって
二日酔いというパターンはとても多いです。
とにかく、飲む前に、よく噛むということを心がけるだけでも
つらい二日酔いが防げるかもしれません。
そして、水分はたくさん飲んで二日酔いを予防しましょう。

 

<関連記事>

二日酔いを予防して、肝臓の働きをよくするならコレ!

-健康
-

執筆者:


  1. […] 二日酔いの予防 噛むことで防げるってご存知ですか? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悪い姿勢の種類とは?姿勢を良くする方法 猫背や反り腰を簡単改善!

長時間、姿勢が悪いままでいると、 背骨の理想的なS字カーブが崩れてしまいます。 悪い姿勢というのは、前や後ろに傾いてしまうこと。 首に大きな負担がかかり、僧帽筋などが緊張して血流が悪くなります。 こう …

【健康カプセル ゲンキの時間】毛細血管ゴースト化。若返り方法は?

毛細血管は、体全体の血管の99%を占めています。 ですから、毛細血管に不具合が生じると体のあちこちに影響がでるというのは想像できます。 特に、影響が一番あらわれるのは肌。 酸素や栄養素が肌に届きにくく …

冷えの原因を知って、冷えを解消!冷え対策のポイント。

これからの季節、寒さがつらくなってきますね。 冷えがつらいと外に出るのも億劫になってしまいます。 冷えというのは、寒がりとは違うんです。 普通の人が寒いと感じない温度でも、寒さを強く感じるのを 『寒が …

ダイエット検定2018年 日程 場所 問題は?

ダイエットをしても、なかなか結果がついてこないってことあると思います。 今までにバナナダイエットやリンゴダイエット、納豆ダイエットなど色々。 友人も、これらのダイット方法をすぐに実行していましたが、な …

健康カプセル ゲンキの時間 疲労の原因は脳疲労!

テレビ番組「健康カプセル ゲンキの時間」で疲労について放送していました。 疲労といっても、なかなか疲れがとれないといった慢性疲労。 この疲れの原因ってご存知ですか。 理化学研修所 医学博士の片岡洋祐氏 …