エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康

外反母趾とは?自分で簡単にできる予防の仕方

投稿日:

私は、小学生のころには既に外反母趾になっていました。
なっていましたというより、気づいたのがその時だっただけです。

母親も外反母趾のため遺伝でした。

痛みもなく過ごしてきましたが、
親指が曲がっていることはとても嫌でした。
靴も変形してきますし。

外反母趾を治すためのサポーターをつけたりしましたが
治ることはなく、現在も年齢と共に進行している感じです。

外反母趾は、足に痛みがある人も相当いるそうで
予防や解決法についてテレビでやっていました。
説明されていたのは、国際医療福祉大学 塩谷病院 理事長 須田康文氏。

まず外反母趾とはどういうものなのでしょうか。

<スポンサーリンク>



外反母趾とは?

外反母趾とは、足の親指の先が外の方にまがる病気。


出っ張った骨が靴にあたって痛みがでることもあります。
また、じっとしていても痛いとか歩きづらいという症状もあります。

一般的に高齢女性の3人に1人。
若い人でも1割くらいいると言われています。

外反母趾の8割は、両方の足におきています。

 

外反母趾になりやすい人とは?

はっきりと原因がわかっているわけではありませんが

・もともと足の幅が広い人
・身内、家族内に外反母趾の人がいて遺伝的なる
・足の指の形でおきやすい

足の指の形で起きやすいというのは

真ん中の写真のように親指が人差し指よりも
長い人に外反母趾になる人が多いです。

親指が長いと靴を履いたときに、靴にあたりやすくなります。
靴のへりに押されて、親指の外に曲がろうとしてなる場合もあります。

外反母趾になりやすい靴の影響は?

・先の細いくつ
・ハイヒール(体重が前にかかりやすくなるため)

男性でも外反母趾の方がいるので靴のせいとは言えません。

 

外反母趾の治し方

外反母趾は、治ることはないそうです。
これはショックです。
進行性の病気で、自然には治りません。

症状を進行させないことが精一杯です。
外反母趾の進行を防ぐために予防をしましょう。
自分で簡単にできます。

外反母趾の予防の仕方

足の指でグーパー体操をします。

パーで10秒キープ
脱力

グーで10秒キープ

繰り返すことで、親指の内側に走っている筋肉が鍛えられます。
1回当たり、20回やるようにしましょう。
これを1日2~3回やると効果があると言われています。

朝は、足をほぐすということでやったり、
お風呂の後であれば、筋肉がほぐれてやわらくなっているので
より効果があるそうです。
痛みがある方は、無理をしないようにしましょう。
予防をしても痛みがつらいという方は、手術となります。

外反母趾を治す手術

手術をした方がいい人は、日常生活に支障が出るほどの痛みがある方です。
くつを履いて日常生活が送れない。
寝ている時でも痛みで寝られない。
というように痛みの程度によります。

<外反母趾の手術費用の目安 片足の場合>

日帰り手術

4万円程度(3割負担)

入院手術(2週間程度)

15万円(3割負担)

*高額療養費制度の適用になるので負担は少なくなります。

外反母趾の日帰り手術

①母趾の付け根にある骨を切って、真っ直ぐに矯正します。

付け根にある骨を折って骨をずらして、まっすぐにする手術なので
骨折をわざとおこさせるようなものです。

治るまでにはそれ相応の時間がかかります。

②親指の固定には針金を使い、最終的には針金は抜きます。

手術時間は10分。
手術の後に痛みがあるので、痛みに対する処置をしないといけません。
多くの場合、入院が必要になります。

手術後の生活

専用の靴と杖を使う生活。

親指がまっすぐになって歩けるようになったのは、手術から8ヶ月後。

 

 
③片方の手術から1年後にもう片方の手術

両足の指がまっすぐになり元通りに歩けるようになったのは
1年9ヶ月後
手術をした傷跡は目立たずわからないそうです。

実際に手術をした方は、43歳女性。
痛みもなくなりとても快適な暮らしを送っていました。

<スポンサーリンク>



外反母趾とは?自分で簡単にできる予防の仕方 いかがでしたか。
痛みがつらい時は、手術という選択になるかもしれませんが
そこまでではないという方は、進行をくいとめるためにも
自分でできるグーパー運動をしましょう。
私も進行がとまるようにやっていきたいと思います。

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

現役の歯医者さんに聞いた、歯茎から出血したときの治し方

歯磨きをするたびに、歯茎から血が・・・ たまに出ないときもあるので、そんなにヤバイとは思っていませんでした。 そんなときに、知り合いの歯医者さんと会ったので、歯茎からの出血について聞いてみました。 そ …

狭心症 心電図でもわからない!更年期女性に多い症状とは?

狭心症は、運動していたり、走ったり、階段を上ったりなど動いている時に症状が出やすいと思いがちです。 これを労作性狭心症というそうです。 ところが、安静時に症状が出る狭心症もあるんです。 特に、更年期の …

つまづく、かかとが痛いなどの原因、歩き方。靴選びのポイントも。

人は、歩いているだけで体に負担がかかっています。 ゆっくり歩いても体重の1.2倍の負担がかかっているんだそうです。 例えば、体重60キロの人が1日に7500歩(6.5㎞) 歩いた場合 60㎏×1.2× …

二日酔いの予防 噛むことで防げるってご存知ですか?

忘年会や新年会と飲み会続きで 二日酔いがつらい思われている方もいらっしゃるかと思います。 二日酔いにはなりたくないのに ついつい飲みすぎてしまうんですよね。 そこで二日酔いの予防として、噛む事で防げる …

老眼鏡の選び方 おしゃれに見せる方法はコレ!

老眼鏡ってお年寄りというイメージですが メガネ屋さんでは、「お手元用」や「リーディンググラス」と呼ばれています。 最近は、スマホで小さい字を見続けることで 老眼の症状が早く出る方も多いそうです。 とは …