エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康

頻尿や尿漏れの原因。自分でできる簡単な対策とは?

投稿日:

寝ていると、トイレに行きたくなって
夜中に目が覚めてしまいます。
若いときは、トイレで目が覚める事なんてなかったのに
単純に年をとったから?

寝る前には、水分をとらないようにしているのに
どうして目が覚めてしまうの?

 

『健康カプセル ゲンキの時間』で、
頻尿や尿漏れなど、尿トラブルの対処法について放送していました。
説明されていたのは、日本大学医学部附属板橋病院 泌尿器科 高橋悟氏。

<スポンサーリンク>



1日に作られる尿ってどれくらいだと思いますか?

計算して算出することが出来るのですが
体重×25ml

健康な人だと、体重60㎏で、60×25ml=1.5リットル。
50㎏だと1.25リットルなんです。

これを日中、6回くらいで出しているんだそうです。

そして、排尿時間というのもだいたい決まっているそうで、
おおよそ21秒間なんだそうです。

ジョージア工科大学のデビットフー准教授が
40種類以上の哺乳類の膀胱と尿道の関係を解析した結果
3㎏以上の哺乳動物の排尿時間は、約21秒。

牛、豚、犬などと同じなんです。

ただ、人の場合、年齢を重ねると排尿回数や排尿時間に変化が出てきます。

正常な人の排尿回数は、3~4時間に1回
1日 7回以下。

膀胱に60%の尿がたまると、尿意を催すと言われています

 

頻尿の原因

膀胱の60%に満たなくても、排尿してしまうことで
頻尿になってしまいます。

頻尿の原因 過活動膀胱

過活動膀胱というのは、
膀胱の尿意を感じるセンサーや膀胱と脳をつなぐ神経に
トラブルがおきることで、溜った尿の量を間違って認識してしまう状態のことをいいます。

頻尿の原因 老化や生活習慣

膀胱の血流量が低下することで、膀胱の弾力性が衰えて尿が蓄えられなくなります。

 

夜の頻尿 原因

①過活動膀胱

尿が溜っていなくても、膀胱のセンサーが早めに作動して
トイレに行かなきゃと反応してしまいます。

 

②睡眠障害

加齢によって睡眠が浅くなり、ちょっとした尿意で目が覚めてしまいます。

 

③夜間多尿

昼間、下半身にたまった水分が寝ることで、腎臓に運ばれ尿になります。

 

夜間多尿の対策

ウォーキングなどで下半身の筋肉を鍛えて、水がたまらないようにしましょう。
夜間に作られる尿の量が減れば、眠りが浅くても尿意がなければ起きないし
起きる回数が減ることになります。

 

頻尿対策

我慢

尿意を催したら、1~2分我慢してみましょう。

そうすることで、尿意が和らぎます。
膀胱訓練を続けることで、尿意をコントロールできるようになります。

 

骨盤底筋体操

 

尿道を締める時に関わっているのが、骨盤底筋群。

 

お尻の穴を3~5秒間締めて緩めましょう
20回×朝、昼、晩 1セットずつ行いましょう。

尿漏れの原因

くしゃみやせきなどによる尿漏れ

腹圧がかかるときに漏れるタイプは、腹圧性尿失禁。
尿道を締めるときに関わる骨盤底筋群が、
加齢などで衰えて尿道がゆるんでしまうのです。
そのため、くしゃみやせきなどの腹圧で尿漏れがおこります。

 

リラックスした時の尿漏れ

尿道がゆるんで漏れるので、骨盤底筋群の衰えが主な原因

 

前触れもなくいきなり漏れそうになるのは・・・

切迫性尿失禁の場合があり、過活動膀胱など膀胱にトラブルがあるかもしれません。

 

尿漏れ対策

頻尿対策と同じように
骨盤底筋体操で筋力をつけましょう。

<スポンサーリンク>



頻尿や尿漏れの原因。自分でできる簡単な対策とは?いかがでしたか。
まずは骨盤底筋体操をやってみるといいかもしれません。

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不眠の原因はセロトニン不足かも。セロトニンを簡単に増やす方法

  なかなか眠れないとか、朝起きたときにスッキリしていないなど 睡眠に関する不安や不満があるとつらいですよね。 本来、人には自然に睡眠薬が備わっているんです。 それはメラトニンという物質。 …

意外と知らないストレッチの効果的なやり方 肩こり【保存版】

ストレッチというのは、ジョギングする前とか運動する前の準備運動として行うのが当たり前と思っていたので、それ以外はほとんどすることってありませんでした。 最近では、運動する時だけではなく、硬くなった筋肉 …

健康カプセル ゲンキの時間 原因不明の痛みは天気痛のせいかも?

テレビ番組「健康カプセル ゲンキの時間」で、天気痛について説明していました。 天気が悪くなると頭が痛くなったり、肩こりや腰痛がおきるという症状。 こういった気象の影響で色んな症状が出るのを気象病という …

姿勢を良くする方法 セルフチェックして簡単に改善!スマホ首も。

年齢とともに、顔のシミやシワも気になりますが、それ以上に姿勢も気になります。 気付いたらダランとしていることがあります。家族に指摘されて、あっと気付かされます。自分の姿勢って自分では見えないし鏡をみな …

睡眠の質を高める快眠方法はコレ!今までの常識が間違ってる?

布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、起きるのがつらくて二度寝したりと、いい睡眠がなかなかとれないってことがあります。 睡眠時間は、1日の3分の1くらいの時間を使っているのに、寝ることに対してそんな …