エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康 更年期

更年期になると汗ってどうしてかくの?汗とニオイ対策はコレ!

投稿日:

更年期の症状って人によって様々です。
のぼせや冷え、全身に汗をびっしょりかくことなどが代表的な症状ですが
更年期にかく汗のニオイもひどくなるらしいので困ったものです。

もしかしたら、ニオイって加齢臭ではなく更年期が関係しているのかもしれません。

それでは、更年期になるとどうして汗がでてくるのでしょうか。

 

更年期になると汗をかくのはなぜ?

更年期になると、女性ホルモンの分泌が低下してきます。
女性ホルモンにはもともと汗腺の調節機能があるので、女性ホルモンが減ることによって
汗腺機能の調節が乱れてきます
ですから、体温調節がうまくいかなくなって、なにもしていないのに汗が出てきたり、寝汗をかいたり、時間や場所に関係なく汗を多くかくのです。

おまけに、女性ホルモンの減少で、ホルモンバランスも崩れてきます。
それで自律神経の調節がうまくいかなくなるのです。

自律神経は血液の循環、体温調節など自分の意志とは関係なく体の機能を調節する働きを持っています。
発汗作用もそのひとつなので、自律神経の調節がうまくいかなくなると発汗作用にも影響するのです。
さらに、更年期特有のイライラや不安などの精神的な症状で
精神性発汗のメカニズムが強く働くようにって、精神的多汗になるのです。

 

更年期の汗のニオイ

更年期の汗は、顔、首、胸などにぐっしょりと汗をかきます。
精神性発汗である更年期の汗は、濃度が濃くベタベタしています。
通常の体を動かしてかく汗は、サラッとしていてニオイもありません。

濃くてベタベタの汗は、アンモニアなどのニオイ物資がたくさん含まれているので
汗そのものがニオイを発しやすくなるのです。

 

更年期の汗とニオイ対策

更年期の汗は、どこでも出るからやっかいです。
汗がでてきて、あわてて恥ずかしがると余計に汗の量が増すことになるので
ゆったり構えることが大切です。

更年期の汗対策 衣類で調節

更年期の汗は濃くて、蒸発しにくいので、衣類の脱ぎ着で調節しましょう。
・肌に直接触れる部分は、綿素材(汗をよく吸収します)
・上着には、発散作用のある絹などを着ましょう。

汗が出始めたら1枚脱いで汗がおさまったら重ね着します。

こうすることで、出た汗をコントロールでき、汗の吸収と発散の作用が体温調節に働きかけるので多汗の予防になります。

更年期の汗対策 呼吸法

呼吸法で自律神経をリラックスさせれば、急な汗も徐々に抑えることができるようになります。

<呼吸方法の基本は4つ>
呼気 お腹をしぼって、体の中の空気をすべて出し切ります
吸気 お腹の筋肉をゆるめて、自然に新鮮な空気をいれます
保息 そのまま息をとめます

<呼気、吸気、保息の時間配分>

最初は、呼気8秒、吸気4秒、保息16秒で練習します。
慣れたら、時間を長くしていきます。

 

更年期の汗対策 汗をかきやすくする

汗が出るのをおさえるよりも、良い汗をかくようにした方が多汗の予防になります。

<運動>

ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動をしましょう。
発汗を促して、手足の血流をよくします。

 

<食べ物>
良い汗をかきやすくする食べ物は、ショウガ。
お風呂上りにショウガ湯を飲むと効果的です。

多汗が続くと、皮膚が乾燥しやすくなります。
そんなときは、ポリフェノールを含む梅干し、紅茶、赤ワインで乾燥を予防しましょう。

 

<入浴>

 

お風呂につかるだけでも、血行をよくして、発汗を促すので多汗の予防になります。
多汗がひどいときは、酢風呂。
醸造酢や黒酢など入浴する前に湯船に入れます。最後にシャワーを浴びればお酢のニオイはつきません。

ニオイ対策は、朝風呂よりも夜風呂

いやな体臭を減らすなら、朝よりも夜風呂。
日中、体を動かすと乳酸がたまってきて、乳酸が増えてくると
汗の成分にアンモニアが増えてニオイの元になります。

入浴すると。血液循環がよくなって、乳酸も減少します。
夜は、乳酸が減った状態で、寝るのでいやな体臭も軽減します。

朝、お風呂に入る場合は、そのまま活動するので乳酸を減らすことができません。
ですから体臭が強いままになってしまうのです。

一時的に汗を止める方法

体のある部分が圧迫されると、その部分の汗が蒸発しにくくなるので汗をかく量が減ります。
その場合、体全体の発汗量を一定に保つという機能も働くので、場所によって減ったら
その分を他でたくさん汗をかくことになります。

汗をかきたくない部分があれば、他のところで汗をかかせて
かきたくないところでは汗を抑えることができるのです。

<頭、顔の汗を抑えたい場合>

両方のバストの上の5cmくらい上の部分をつねるか、親指で強く圧迫します。
完全に止めることは無理ですが、刺激した部分から上の汗が一時的に止まります。

ブラジャーのホックをきつめにするのもいいです。

<下半身の汗を抑えたい場合>

左右の腰あたりをぎゅっとつねると一時的に汗を抑えることができます。
更年期になると汗ってどうしてかくの?更年期のニオイ対策とは?いかがでしたか。
汗をかくということは仕方ないことですが、いい汗をかくようにすればニオイは抑えられそうです。
毎日の生活習慣や、呼吸法などできることからやってみましょう。

-健康, 更年期
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

医療現場でも実践されている正しい手の洗い方とは?

家に帰ってきたら、まず手を洗いましょう!というのは 子供のころから当たりまえにやってきたことです。 この手洗い、ホントにちゃんと洗えているのかといったら ちょっと疑問。 健康カプセル ゲンキの時間では …

便(うんこ)、おならが臭い原因は?簡単にできる改善方法

うんこが臭いって当たり前ですが、それが極端に臭いってことありませんか。 それも、肉を食べた後が極端にクサイというようなことです。 若いころはそんなに臭いと感じたことはなかったのですが・・・ そもそも、 …

頻尿や尿漏れの原因。自分でできる簡単な対策とは?

寝ていると、トイレに行きたくなって 夜中に目が覚めてしまいます。 若いときは、トイレで目が覚める事なんてなかったのに 単純に年をとったから? 寝る前には、水分をとらないようにしているのに どうして目が …

カイロを貼る場所はココ!貼ってはいけない場所もあるって知ってた?

寒くなってからの冷え対策にはカイロ。 カイロって江戸時代からあるそうです。 もともとは、温めた石を布でくるんで 懐にいれていたことが始まり。 ですから、漢字で書くと、『懐炉』なんですね。 今では、使い …

狭心症 心電図でもわからない!更年期女性に多い症状とは?

狭心症は、運動していたり、走ったり、階段を上ったりなど動いている時に症状が出やすいと思いがちです。 これを労作性狭心症というそうです。 ところが、安静時に症状が出る狭心症もあるんです。 特に、更年期の …