エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康

乳がん検診 最新検査は痛くないのが当たり前!?

投稿日:

乳がん検診といえば、マンモグラフィ。
ぺっちゃんこの胸であっても、これでもかと押さえつけられとても痛い思いをしています。
乳がん検診は、40歳以上は2年に1回。とはいえ、この痛みは出来る事なら経験したくありません。

乳がん検診も進化していて、最近では痛くない検査方法が色々あるそうです。

最新のガン検診について、医療ジャーナリストでもある医師 森田氏がラジオで話されていました。

 

最新の乳がん検診 ①3Dマンモグラフィ

普通のマンモグラフィーは、乳房を押しつぶすように圧迫する形で
ひとつのレントゲンフィルムに焼きつけます。

ガンがあると、レントゲンで白く写る特徴があります。

白い部分があるかどうかを1枚のレントゲンからみつけるというのが通常のマンモグラフィ。
現在、問題になっているのが、日本人女性の4割が『高濃度乳房』という特徴を持っています。
これは、乳房の中の乳腺の密度が非常に多い人のことを言います。

高濃度乳房の方が、マンモグラフィーをとるとガンがないのに白く写ってしまうのです。
もともと白いので、小さなガンがあったとしても発見するのがすごく難しいのです。

例えていえば、雪山で白うさぎを探すくらい難しいと言われています。

高濃度乳房の人には、超音波を併用するというやり方もありますが、
注目されているのが、『3Dマンモグラフィ』。

3Dマンモグラフィとは・・・

3次元的に写すということで、いろんな角度からマンモグラフィを写します。
圧迫が多くないので痛みが少なく精度も高いのです。

現在、検診を受けることができるのは都内に数カ所。これから広がる余地があります。
費用は、1~2万円。
病院によって異なり数千円のところもあります。

 

最新の痛くない乳がん検診 ②ドゥイブス法

痛みもなく、造影剤も使わないのがドゥイブス法。

MRI検査もありますが、CTと比べて被ばくも少ないのですが、時間が30分くらいかかり、費用もかかるのが問題でした。
ドゥイブス法は、造影剤も使わず、MRIを10分くらいで終わるので費用も1万円以下くらい。

東海大学の教授 放射線専門医の高原太郎氏が行って啓蒙しています。

<ドゥイブス法の特徴>

・痛みがない
・レントゲンなどの被ばくがない
・造影剤を使わない
・時間がかからない

マンモグラフィと比べると精度は約10倍くらいではないかという報告もあるそうです。

費用は、1万円以下でいけるのではと言われていて、検診センターでは、試験的に10月くらいから取り入れようという動きがあるそうです。

今後もっと広がる可能性があります。

 

最新の痛くない乳がん検診 ③1滴の血液で検査する マイクロRNA法

1滴の血液からの検査は、乳がんだけではなくて13種類のガンを1度に発見できます。

ガン細胞が体の中にあるとマイクロRNAという特殊な物質を出します。
これを早めに検出する検査になります。

例えば、乳がんだと直径3mmという非常に小さな乳がんでもマイクロRNA法で
血液に異常物質が出ます。

マイクロRNAは、検査するとどこのガンなのかある程度わかります。

現在、行っている病院もありますが、試験的に行われている状況で非常に費用が高いです。
数年後には安い費用での実用も可能になるでしょう。
現在、ガン検診は、胃カメラ、大腸などと臓器別に行っています。そうではなくて一滴の血液で13種類も発見できます。

13種類というのは

胃がん、食道がん、肺がん、大腸がん、乳がん、卵巣がん、前立腺がん、
肝臓がん、すい臓がん、胆道がん、膀胱がん、肉腫、神経膠腫

最新のガン検査は、このように痛みもなく簡単にできますが、乳がん検診において、現時点では、マンモグラフィをやって、高濃度乳房の方は超音波を併用するということになります。

 

乳がん検診 最新検査は痛くないのが当たり前!?いかがでしたか。
痛みのないガン検診ができれば、これほどうれしいことはないですよね。
ガンは乳がんに限らず、早期発見、早期治療なので、がん検診は受けるようにしましょう。

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中性脂肪 コレステロールを下げる方法、食事は?

  年齢とともに、筋肉は落ちるのにお腹の脂肪が落ちないとか 中性脂肪がとても気になるって方、多いと思います。 これをほおっておいたら、脳卒中や心筋梗塞、狭心症などの病気になってしまうそうです …

健康カプセル ゲンキの時間 疲労の原因は脳疲労!

テレビ番組「健康カプセル ゲンキの時間」で疲労について放送していました。 疲労といっても、なかなか疲れがとれないといった慢性疲労。 この疲れの原因ってご存知ですか。 理化学研修所 医学博士の片岡洋祐氏 …

冬の睡眠 寒さ対策とすっきり目覚める方法とは?

寒い季節、布団に入ってもなかなか寝付けないというのは とてもつらいですよね。 特に足先が冷えて、温かくなるまではすごく時間がかかります。 そして、朝起きるときもなかなか布団の外に出られませんよね。 こ …

寝付きが悪い、睡眠不足を解消する睡眠の質を上げる方法とは?

適正な睡眠時間は、6時間半~7時間半といわれています。 そうはいっても、仕事や家事で、早く寝るのは困難。 朝も弁当や食事を作ったりと大忙し。 布団に入っても、なかなか眠れないなど睡眠不足って困りますよ …

プロテインの飲み方や種類。目的によって違うって知ってた?

プロテインってスポーツ選手がよく飲んでいるという イメージがありますが、実家に帰省したときに、両親が 毎朝プロテインを摂っていることを知って驚きました。 しかも粉末のプロテインをヨーグルトに混ぜて食べ …