エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康

ストレス解消なら、泣くだけでOK。泣く方法とは?

投稿日:

泣くとスッキリするということは以前から聞いたことがありました。
今では、涙活という言葉も生まれています。
本当に効果があるの?って思いますが、
【健康カプセル ゲンキの時間】では、
泣く前と後で、科学的にストレス解消できたという
実験結果がでていました。

<スポンサーリンク>



泣くだけで、ストレス解消できるの?

こちらの実験は、東邦大学 精神科医 医学博士 有田秀穂氏が
説明されていました。

<実験1>
女性(54歳、40歳)と男性(58歳)の3人で
泣く前と泣いた後の自律神経の働きを比較

 

<実験方法>

体に自律神経システムをつけて


感動する動画(親子もの、動物ものなど)を30分間鑑賞。

その間、心拍を見ながら、交換神経と副交感神経の緊張状態を見ます。

涙を流した途端、3人とも副交感神経が優位になりました。


副交感神経が優位ということは・・・
癒しの状態に脳が切り替わったということ。
ストレスが解消された状態です

 

<まとめ>

泣いた後は、交換神経が働かずリラックスしている状態。
通常では、副交感神経が高まることはありえません。
つまり、眠っている時に起こるような状態が、
起きている時にたった5分~10分で癒し状態が作られるのです。

しかも、泣いた後は、今後のストレスにも強くなるんです。

泣いた後は、これから起きるストレスに強くなる?

こちらの実験は、埼玉医科大学短期大学 理学博士 和合治久氏が
説明されていました。

<実験2>
ストレスを感じると体内に増えるコルチゾールの値の変化をチェック

 

<実験方法>

①ストレスを与える前に、唾液に含まれるコルチゾールを採取

②ストレスを3つ与える
・足し算と掛け算を10分間
・小豆を箸で皿に移動
・ぐちゃぐちゃに絡まった糸をほぐす

③再度、唾液を採取

④1時間休憩

⑤感動的な動画を観て泣く

⑥再度、同じストレスを与えて、唾液採種

<結果>

通常時を100とするとコルチゾールの値は・・・

通常時 1度目のストレス後 2度目のストレス後
100 274 165
100 138 52
100 113 108

同じストレスを与えても泣いた後は、コルチゾールの値が1度目より低いです。

<まとめ>

泣く事によって、2度目の値のように、ストレス中枢が鎮静化されています。

たまったストレスがリセットされるだけでなく

個人差はありますが、約1週間ストレスがたまりにくくなります

 

ストレス解消 泣く方法とは?

ただ、涙を出せばいいということではなく、
心が動かされて出る涙がストレス解消になります。
ウルっとするだけでも大丈夫。
タマネギを刻んで出る涙には効果がありません。

泣くベストなタイミング

・ストレスがたまった夕方から夜
・1週間の疲れがたまった週末がオススメ

泣くツボを知る

どうしても泣けないという人は、
自分の泣けるツボを知ることが大切。

例えば
親子愛、夫婦愛、祖父母との思い出、恋愛
アスリートの努力、友情、仕事、動物など
一番よくないのは、泣くのを我慢すること。
我慢するとトスレスがたまった状態になります。

 

涙を流すことで、免疫力もアップ!

泣くことで副交感神経の支配下にあるリンパ球が活性化して
体内に侵入したウイルスを撃退します。
泣くことで、体を表面から守るIgAという免疫物質が高まり
目や口から侵入するウイルスを撃退します。
感染症にかかりにくくなるんです。

 

泣くと熟睡できる!

泣いた後の疲労感で、副交感神経が優位になります。
眠る前に泣くと、リラックス状態になり入眠しやすくなります。
さらに自然と深い眠りになって、朝の目覚めもスッキリ。

<スポンサーリンク>



ストレス解消なら、泣くだけでOK。泣く方法とは?いかがでしたか。
泣くことは、ストレス解消だけでなく、健康にもいいんですね。
思いっきり泣いて、体と心を健康に保ちましょう。

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中性脂肪 コレステロールを下げる方法、食事は?

  年齢とともに、筋肉は落ちるのにお腹の脂肪が落ちないとか 中性脂肪がとても気になるって方、多いと思います。 これをほおっておいたら、脳卒中や心筋梗塞、狭心症などの病気になってしまうそうです …

だるい 疲れやすい原因は、意外なコレ!?疲れにくい体を作る食事!

最近、だるくて、疲れやすいと感じることが多くなってきました。 疲れがなかなかとれないのです。 ジョギングや水泳など運動した日は、ぐっすり眠れていたのに 眠れないという・・・ どうしてだろうと思っていた …

医師が実践!二日酔い対策と二日酔いにならない飲み方

お酒を飲むとついつい飲みすぎてしまって 二日酔いで翌日がつらい!なんてことがよくあります。 そんなに飲まなきゃいいのにと飲む前はわかっているのに、 結局飲み会の場に行くと飲んでしまうんですよね。 何度 …

冬の睡眠 寒さ対策とすっきり目覚める方法とは?

寒い季節、布団に入ってもなかなか寝付けないというのは とてもつらいですよね。 特に足先が冷えて、温かくなるまではすごく時間がかかります。 そして、朝起きるときもなかなか布団の外に出られませんよね。 こ …

生理痛とPMSを緩和するために、やることとは?セルフケア方法も。

  生理痛って個人差があって、つらい人にとっては起きてられないほど。 以前勤めていた会社の後輩も、生理のたびに更衣室のソファで横になっていました。 いっそのこと会社を休めばいいのにと言いまし …