エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康

医療現場でも実践されている正しい手の洗い方とは?

投稿日:

家に帰ってきたら、まず手を洗いましょう!というのは
子供のころから当たりまえにやってきたことです。
この手洗い、ホントにちゃんと洗えているのかといったら
ちょっと疑問。

健康カプセル ゲンキの時間では、手の洗い方について
東京女子大学 感染制御科 教授 満田年宏氏が説明されていました。

実際に医療現場でも実践されている手洗いの仕方です。

インフルエンザが流行ってくる季節でもありますから、
まずは手をしっかり洗ってウイルスを持ちこまないようにしましょう。

<スポンサーリンク>



医療現場でも実践されている 正しい手の洗い方

①蛇口の水は、最後まで流しっぱなしにします

 

②水で軽く手を濡らす


せっけんやハンドソープを泡立てて
手のひら、手の甲をこすります

 

③爪の中、爪の表面

  

手のひらの上で、爪の中、爪の表面をこすります
指を曲げて、指のシワの中を洗います

*指を曲げて洗うことで指の細かいシワが伸びて
中の汚れを落とせます

 

④指を組む


指を汲んで両手の指の間をこすります

 

⑤親指


親指を反対の手でつかんで、ねじるように洗います

 

⑥手首、手の両脇


手首を洗うときに、手の両脇もこすって洗います

 

 

⑦洗い流す


手首から指先にかけて、約20秒間 水で洗い流します

 

⑧手をふく


ペーパータオルや清潔なタオルで手を拭き
素手ではなく、タオルで蛇口をしめます

 

このやり方でちゃんと手が洗えているんでしょうか。

実際に蛍光カラーを手首から手の平、手の甲とつけて
実験が行われました。

<手洗い前>

青白く光っているのが蛍光マーカー。

 

<手洗い後>

さすが、お医者さんだけあって、
蛍光カラーが全くついていません。

一般の方では、蛍光マーカーが手に残ったままで洗い残しがかなりありました。
こういう洗い方だと完璧ですね。

<スポンサーリンク>




医療現場でも実践されている正しい手の洗い方とは?いかがでしたか。
毎日こうやって手を洗うようにすれば
インフルエンザも心配ありませんよね。

 

【インフルエンザに関連する記事】

インフルエンザ、ノロウィルス 家族がかかった時の感染対策

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間ドックのおすすめオプション検査。医師のおすすめはコレ!

健康診断は一年に一回は受けていますが、人間ドックは未だ行ったことがありません。 オプションも色々あって、はたしてどれを選んだらいいのかわからないし、あれもこれもと選んでいたら、とんでもない金額になって …

健康カプセル ゲンキの時間 疲労の原因は脳疲労!

テレビ番組「健康カプセル ゲンキの時間」で疲労について放送していました。 疲労といっても、なかなか疲れがとれないといった慢性疲労。 この疲れの原因ってご存知ですか。 理化学研修所 医学博士の片岡洋祐氏 …

気温差による体調不良はなぜ起きる?簡単にできる対策は?

3月でも朝晩の気温差が10度以上というのはよくあります。 気温の差による寒暖差があると、身体がだるいとか疲れやすいって感じることが増えてきました。 実際に気温差によって、体調を崩す人は多いんだそうです …

生理前のイライラ、眠気、むくみなどの月経前症候群を改善する方法

生理前のイライラや眠気って、とてもイヤだし、つらいですよね。 でもこのような症状ってどうにかしたくても、どうしようもありません。 生理前におこる症状は、いつものことだから仕方がないとあきらめている方が …

中性脂肪 コレステロールを下げる方法、食事は?

  年齢とともに、筋肉は落ちるのにお腹の脂肪が落ちないとか 中性脂肪がとても気になるって方、多いと思います。 これをほおっておいたら、脳卒中や心筋梗塞、狭心症などの病気になってしまうそうです …