エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

健康

つまづく、かかとが痛いなどの原因、歩き方。靴選びのポイントも。

投稿日:

人は、歩いているだけで体に負担がかかっています。
ゆっくり歩いても体重の1.2倍の負担がかかっているんだそうです。

例えば、体重60キロの人が1日に7500歩(6.5㎞)
歩いた場合
60㎏×1.2×7500歩 = 540トン

つまり、大型旅客機の重さ(約560トン)と同じなんです。

これは相当な負担ですね。
歩き方で体に不調が出るというのもうなずけます。

健康カプセル ゲンキの時間では、足の不調が体に影響しているということを
足の専門クリニック 桑島院長が話されていました。

まずは歩き方をチェック。どんなクセがあるのか
なぜそのような歩き方になってしまうのかを確認していました。

一体、歩き方で何がわかるのでしょうか。

<スポンサーリンク>



つまずきやすい人の歩き方は?

つま先があがっていない。
歩くときの姿勢が前かがみになっている。

つまずきやすい人は、足首が硬くなっている可能性があるそうです。

足首が硬いと、足首をかばった蹴り方になって
ひざ痛、股関節痛、腰痛などのトラブルになることも。

足首が硬いかどうか、チェックしてみましょう。

足首の硬さのチェック方法

足を揃えて、そのまま座ってみましょう。
和式トイレに座る感じです。


かかとが上がらずに座ることができれば、足首は柔らかいですが
かかとが上がってしまう人は、足首が硬い証拠です。

足首をやわらかくするストレッチ

アキレス腱伸ばし

足同士が平行になるように、かかとを付けて前のひざに体重をかけます。

後ろ足のふくらはぎが伸びていることを意識して、左右1分ずつ行います。
壁に手をつけて行うとより効果的。

 

かかとが痛い人

朝起きて、第一歩目が痛い症状。
これは『足底筋膜炎』が疑われます。
足のうらにはっている筋膜に炎症がおきて、
小さな断裂が起こることで、主にかかとに痛みが出る病気。

 

足の裏がいたい人

足首の骨の高さが左右どちらかに傾いていることにより
片方の足に負担がかかっていることで足の裏が痛くなっています。

女性に多いのは

足の親指がしっかり使えていない場合が多いそうです。
親指がうまく使えないと

バランスが崩れる

足裏の神経を圧迫

痛みが出る

 

足の小指側にタコがある人

足の親指が使えていないため、体重をしっかりと受けられていません。
指に力が入らないのは、足首が硬いということです。

 

痛風と勘違いされやすい強剛母趾

痛風と間違われやすい病気。
歩いた時の力を逃がすことができずに
親指の関節に炎症が起きます。

親指の付け根に痛みが出るので痛風と間違う可能性があります。

指の腫れ方で違いがわかります。

痛風の場合は、指全体が赤く腫れあがります。

 

腰痛の人の歩き方

歩くときに猫背、前かがみに歩いている

 

つまづく、かかとが痛い、強剛母趾、腰痛など共通の原因とは?

足のアーチの崩れが原因です。

足のアーチとは、かかと、親指の付け根、小指の付け根の
3点でつくられたアーチのことをいいます。
靭帯と筋肉で構成されています。

アーチは、年齢、肥満、靴、運動不足、過度な運動など様々な要因で崩れます。

アーチを戻す方法

崩れたアーチを元に戻すのは難しいのですが
崩れたアーチを整える方法があります。

それは、インソール


靴の中に、インソールを入れることで
土踏まずを持ち上げることができます。
それで崩れたアーチを整えることが出来るのです。

靴自体にもいい靴、悪い靴があります。
どんな靴をはいたらいいのでしょうか。

靴選びのポイント

ヒールの場合

足の裏にかかる体重を分散するには、4cm以内の高さにしましょう。
それ以上だと、つま先に負担がかかってしまいます。

ペタンコのバンプスの場合

足を覆ってくれる部分がないので、脱げそうになります。
その際、指先に力を入れて、緊張させてしまいます。
これはハンマートゥという病気になるかもしれません。

ハンマートゥとは・・・


指の関節が曲がったまま固まってしまう病気。
足全体のバランスが悪くなって、転倒する可能性があります。

対策:市販のバンドで足の甲を固定させましょう。
そうすれば、指先に力が入りにくくなります。

ムートンブーツ

これからの季節によくみかけます。
かかとの部分も柔らかい素材が多いため、足を守りにくいのが難点。
足のアーチが崩れる引き金になってしまいます。

足にやさしい履物は・・・

スニーカーは、かかと、足の甲が守られて、ソールもしっかりしています。
アーチの崩れを抑制するのに効果的です。

スニーカーを履くときのポイント

紐は毎回結びなおしましょう。
夕方には足がむくんでいるので、そのままにしていると
ゆるんでいます。
一日で足の形は変わるので、こまめに結びなおすようにしましょう。

年齢が若いときは、自然にひざや腰、身体がやらかいので
補って歩けます。
年齢を重ねると、バランスの補正がきかなくなって、転んでしまって骨折、
そのまま寝たきりということになってしまうこともあります。

<スポンサーリンク>




つまづく、かかとが痛いなどの原因、歩き方。靴選びのポイントも。いかがでしたか?
足のアーチは大切ですね。
靴もおしゃれだからと履き続けたら、健康が損なわれるかもしれません。
足の健康も考えて、靴を選ぶようにしましょう。

-健康
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生理痛とPMSを緩和するために、やることとは?セルフケア方法も。

  生理痛って個人差があって、つらい人にとっては起きてられないほど。 以前勤めていた会社の後輩も、生理のたびに更衣室のソファで横になっていました。 いっそのこと会社を休めばいいのにと言いまし …

姿勢を良くする方法 セルフチェックして簡単に改善!スマホ首も。

年齢とともに、顔のシミやシワも気になりますが、それ以上に姿勢も気になります。 気付いたらダランとしていることがあります。家族に指摘されて、あっと気付かされます。自分の姿勢って自分では見えないし鏡をみな …

中性脂肪 コレステロールを下げる方法、食事は?

  年齢とともに、筋肉は落ちるのにお腹の脂肪が落ちないとか 中性脂肪がとても気になるって方、多いと思います。 これをほおっておいたら、脳卒中や心筋梗塞、狭心症などの病気になってしまうそうです …

心筋梗塞の症状 前兆とは?動脈硬化になりやすい人のタイプとは?

心筋梗塞になると、血管が途中で詰まって、先へ血液がいかなくなり 周りの組織が壊死してしまい、命のキケンに関わります。 心筋梗塞は、いきなりなるのではなくて、数日前からとか数か月前から何らかの症状がでて …

食物繊維は便秘だけじゃない!食物繊維(不溶性、水溶性)の効果とは?

食物繊維をとると便秘が解消されるということは よく耳にしますが、最近では色んな事が研究でわかってきたそうです。 『健康カプセル ゲンキの時間』で、 現在の一日当たりの食物繊維の摂取量は男女ともに15g …