エンジョイライフ

これからの人生をもっとエンジョイするためのお役立ちサイト

レジャー

阿寒湖温泉に行くなら、便利でお得なバス【まりも急行】がおすすめ!

投稿日:

北海道を旅行するとなったら、必ず車の運転が必要になってきます。
でも、冬の道路の運転は、ツルツルだし住んでいる人にとっても慣れないものです。
観光客だったら尚更、大変です。

できれば、運転なんてしないに越したことはありません。
阿寒湖温泉に宿泊するなら、バスがあります。
宿泊するホテルで降ろしてくれるし、乗る時もホテルまで来てもらえるので、
とってもラク。雪道の心配もありません。

帯広からだと片道2000円。足寄からは1000円
釧路、北見、網走からだと片道1000円

私は、帯広から乗車したので、その時の様子をお伝えします。

<スポンサーリンク>



 

阿寒湖温泉行きのバス【まりも急行】

申し込み方法

乗車する3日前までに、宿泊ホテルを予約した際に、送迎バス利用と伝えればいいそうです。
まりも急行帯広号は
高速バスドットコムで申し込みできます。

高速バスドットコムは、こちら

私の場合、1日前だったので、直接バスを運行している会社へ電話してみました。
そうすると、席が空いているか確認するということで
折り返しの電話をもらいました。

結果、空席があったので、その時点で申し込み出来ました。

まりも急行は阿寒湖温泉に宿泊(対象ホテルは下記)することが前提です。
<阿寒湖温泉 まりも急行宿泊対象ホテル>

・カムイの湯 ラビスタ阿寒川
・あかん遊久の里 鶴雅
・阿寒湖 鶴雅ウイングス
・阿寒の森 鶴雅リゾート 花ゆう香
・あかん鶴雅別荘 鄙の座
・ニュー阿寒ホテル
・ホテル御前水
・ホテル阿寒湖荘
・東邦館
・山水荘
・芳友荘
・八谷旅館
・阿寒湖バスセンター宿泊部

バス料金の支払い方法

宿泊ホテルでの支払時に一緒に請求されます。
バスに乗る時の清算ではないので、ラクです。

ネットで申し込みの場合は、カード、コンビニ、Yahoo!ウォレットの決済となります。

阿寒湖温泉行きのバス乗り場、待合所 帯広

今回は、帯広から乗車しました。

まず、東通り南口から外に出ます。


真っ直ぐ歩いていくと、四つ角があります。

のところがバス停です。

バス停へ行くために、一つ目の信号を渡ります。

再度、信号を横断し、左折します。

ちょっと歩くと、バス停が2つ並んでいます。

まりも急行は、裏側になっています。

 

待合所
ベンチがありますが、寒い冬だと座っていられません。

というわけで、バス停の後ろには十勝プラザがあります。


この中で待つというのも有りです。

30分ほど時間があるなら、駅の待合室もあります。

駅内のお土産物を扱っているこちらにもベンチとイスがあります。

 

バス停がわからないという方は、
駅の観光案内所(幸福駅と書いてある所)で尋ねてみましょう。

親切に教えてもらえます。

 

阿寒湖行きのバス まりも急行

定刻通りに到着しました。運転手さんは2名。

実際に乗車してみると、私を含めて3名でした。
車内はこんな感じ。


4列シート。
トイレはついていません。

帯広を出発して、
停車するところは
・十勝川温泉
・池田駅
・本別駅

これらは、乗る場合だけです。

トイレ休憩は、足寄の道の駅で停車してくれます。

阿寒湖温泉のホテルへは、ホテルの入口で降車します。
歩くことがないので、とっても便利でした。
到着したのが、夕方17時過ぎくらい。
乗車したのが、14時05分だったので、3時間くらいですね。

 

 

翌日は、釧路行きのバスに乗車しました。
帰りのバスも、行きのバスと一緒に予約しました。

帯広からのまりも号とは違って、こういうバス。

ホテルまで迎えに来てもらえるのでとってもラク。
お客さんは、帯広よりも多く10名以上は乗っていました。

トイレ休憩は、道の駅 阿寒丹頂の里。
15分くらいあったので、お土産も購入できます。

終点は釧路駅ですが、その前にもいくつかのバス停へ停車しました。
釧路駅までの乗車時間は、約2時間。
料金は、1000円。

<スポンサーリンク>




冬道の運転をしなくても、阿寒湖温泉に宿泊できるのは有難いです。
是非、活用してみてはいかがでしょうか。
冬だと宿泊料金も安いのでお得だと思います。

ちなみに、阿寒湖温泉行きのバスは、
帯広、釧路以外にも北見、網走へも運行しています。

-レジャー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

北海道でお得に毛ガニを買うなら、広尾毛ガニ祭り アクセスや内容は?

毎年開催されている広尾町の毛がに祭り。 茹でたての毛ガニはもちろんですが 他にも海産物や姉妹都市である長崎県西海市のみかんなど特産品も販売されています。 過去に何度か行ったことがあるのですが 昨年は、 …

十勝産小豆を使ったお菓子 本場十勝で人気の和菓子屋さんならココ!

北海道旅行で、お菓子屋さんに行くとしたら、 札幌の白い恋人パークでしょうか。それとも北菓楼?十勝なら柳月や六花亭でしょうか。 北海道のお土産を買うなら、定番の白い恋人や六花亭のマルセイバターサンド、ロ …

中札内美術村へのアクセスや見どころ。庭園も素晴らしい!

中札内美術村は、お菓子メーカーの六花亭が企画運営している美術館です。 森の中に、美術館が4つあり、ギャラリーやレストランもあります。 さらに、とても手入れが行きとどいた庭園もあるんです。 2018年は …

紫竹ガーデン 入場料がお得なチケットや見るポイントとは?

こちらは4月15日からオープン。11月までの営業。 花の季節によって変化するので、いつ行っても楽しめそうです。 7月1日、紫竹ガーデンへ行ってきました。 アクセスもわかりやすく、看板が立っているので迷 …

肉フェス 肉祭りなら、北海道グルメイベント6月がおすすめ

北海道では、グルメイベントがたくさんあります。 海産物がメインだったり、野菜がメインだったり、肉類がメインなど地元の特産品が盛りだくさん。 今回は、肉好きにはたまらない北海道のグルメイベントを集めてみ …